Top
才人の面目躍如!
主人公の職業は小説家、俳優、脚本家、
クラリネット奏者と多彩を極めるが、
世に最も知られているのは映画監督としてである。

映画ファンならば先刻ご承知、
映画界きっての才人、ウッディ・アレンその人である。

アレンの新作「ブルー・ジャスミン」の試写会を
ひょんな縁で代官山のブッティクの一室で鑑賞した。

前作、「ローマでアモ-レ」、前々作「ミッドナイト・イン・パリ」
ロマンティック・コメディ-が続いたが
今回は180度転換、シリアスで辛口、
上質な人間ドラマとなった。

主人公は華やかな生活が忘れられぬ女性、
名前はジャスミン、官能の香り、夜開く花・ジャスミン。
c0135543_2222176.jpg

しかしながら、彼女の本当の名前はジャネット、
このありふれた名前を嫌ってジャスミンと改名、
ジャスミン・フレンチと名乗る彼女の周りは
ルイ・ヴィトン、シャネル等々フレンチ・ブランドが一杯だ。

物語は過去と現在を巧みに行きつ戻りつ、
ブルームーンをはじめスタンダードジャズが流れる中を
ウッディ・アレンの腕が冴えに冴える。








アカデミーにノミネートされること24回、
にもかかわらず、ウッディーに巨匠の称号は似つかわしくない。

彼こそ、映画界きっての才人、
映画作りのマジシャンと言って差し支えないだろう。

16歳の時にウッディーは初舞台を踏んだのだが、
その時の肩書はマジシャンだった。

道理で彼の映画を観ていると
華麗なるマジシャンの手さばきを彷彿、
心地よい魔術の酔いを満喫させてくれる。

全編に流れるスタンダード・ジャズの調べが耳に優しい。

クラリネットを操って「ウッディ・アレンとニューオルリンズ ジャズ・バンド」
(Uddy Allen and his New Orleans Jazz Band)を率いる
ウッディーならではの業である。
c0135543_22124097.jpg

更に、特筆すべきは、主役を演じたケイト・ブランシェット、
映画を観た誰しもが、彼女の本年のアカデミー受賞を納得する筈だ。

オリジナル・タイトルが「Blue Jasmine」、邦題も「ブルー・ジャスミン」、
今回は題名に異を唱える所は何処にもない。

ただ、ジャスミンの前に付けられたブルーの言葉、
これを、どのように解釈するかは観客に委ねられている。

マジシャンが投じたひとつの鍵が
ジャスミンの最も心に残る歌、「ブルームーン」になるのだろうか??

Blue Moon, you saw me standing alone
Without a dream in my heart
Without a love of my own
(ブルームーン、独りぼっちで佇み、
 心に希望もなく、恋人も居ない私を見ているのね)

歌はこう結ぶ。
c0135543_9525096.jpg

Blue Moon,now I'm no longer alone
Without a dream in my heart
Without a love of my own
(ブルーム-ン、もう独りじゃない
 夢もない、恋人も居ない私じゃないの)

しかし、現実は・・・・・???
[PR]
by shige_keura | 2014-04-07 18:25 | | Comments(0)
<< 悪夢再び! 桜満開、選抜も満開 -凄い作戦... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.