Top
悪夢再び!
久しぶりのブログ更新が
なんとも、怖ろしくもやるせない事件の紹介となった。

暇さえあれば競馬場に通う私にとって
最も見たくないものが落馬の場面、
思わず「アッ!!」と口にしたまま凍りつく。

「騎手は? 馬は?? 命に別条は???」

事件は、薫風かおる4月27日の府中競馬場で起きた。

第10レース(準メイン)、勝負所の最後の直線
各馬に鞭が入り、いざゴールを目指す、そのとき、
内を走っていた9番(リラコサージュ)が急に外によれた。
c0135543_10553774.jpg

右後ろを走っていた2番(ジャングルハヤテ)は避けようもない。
c0135543_10545854.jpg

馬は躓き、騎手はもんどり追って地面に叩きつけられ
テレビの画面で見る限り動く気配もない。
c0135543_10562511.jpg

幸いにして命には別条がなかったとはいえ
頚椎骨折の重傷で全治のめどはたっていない。

加害馬の旗手は岩田、
被害を受けた騎手は後藤である。

二人の名前が出ると思い出すのは2年前のことだ。





時期は2012年、クラシックたけなわの5月6日
G1、NHKマイルチャンピオンシップの直線、
岩田騎乗のマウントシャスタの妨害で後藤は落馬し、
このときも頚椎骨折の重傷で長期休養を余儀なくされた。
c0135543_10581771.jpg


c0135543_10584862.jpg

岩田は当然のことだが4日間の騎乗停止処分を受けたが
その間、ダービー出走予定馬の調教を施し、
見事、ダービージョッキーの栄冠に輝いた。

騎乗停止期間をフルに活用してダービー制覇、
割り切れぬ想いをしたのは私だけだろうか?

一方、後藤は首にギブスをはめられ
身動きできずにベッドに横たわっていた。

今回も岩田のペナルティは4日間の出場停止と聞くが
例え規則通りだとしても甘い採決と思わざるを得ない。

何故ならば、岩田は勝ち星を重ねる人気ジョッキーながら
その騎乗技術については批判が多い騎手なのだ。

その批判の内容は、馬を苛めすぎる鞭の使い方と
上下動の激しい騎乗フォームに或る。

簡単に言ってしまうと、見ていて美しくない騎乗であり
騎手として最も大切な馬を御することに難のある騎手だと思う。

日本を代表するジョッキー、武豊はあるとき
「一緒にレースに出たくない騎手がいますか?」と聞かれ
即座に「勿論、居ますが名前は言えません」と答えている。

武豊が一緒にレースに出たくない騎手が岩田なのか?
それは分からないが、人気ジョッキーに対しても
時としては競馬会としても毅然とした処置をすべきだと思う。

今は後藤騎手の一刻も早い再起を願うばかりである。
[PR]
by shige_keura | 2014-04-28 10:59 | スポーツ | Comments(0)
<< スポーツの春 ー神宮の球音ー  才人の面目躍如! >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.