Top
気がつけば9月・・・・娘心はよーー・・・・
テレビでは連日「列島酷暑に包まれる」を報道している。
c0135543_9384090.jpg


c0135543_9394437.jpg

しかし、ここ山中湖周辺に居ると
報道が嘘のように思われる。

海抜899メートル、東京との温度差は約10度。
c0135543_9403673.jpg

昼間は外で冷えたビール、
夜は鍋ものにお酒が美味しい。

風呂にゆっくりと浸かり
窓は閉めて布団の中でぬくぬくと眠りに入る。

まさに別天地、極楽極楽! 

とは言え、富士山を目の前に仰ぎ見る当地は山岳地帯。
c0135543_9533727.jpg

「山男、良く聞けよ、娘さんにゃ惚れるなよ、山の天気はよー、娘心よ」、
歌の文句にあるように、山の天気は千変万化、変わりやすい。







8月1日は例年恒例の報湖祭、いわゆる湖上祭、
花火が湖の周りの何箇所かで打ち上げられる。

定刻の20時近く、そろそろ音が聞こえ始めた。では家を出よう?????

「まさか! 雨が・・・」。
ドーン、ドーン、ゴ―ッ、、花火の音だか雷鳴だか???。

慌てて家に戻った、途端、ザ-ッ、雨が激しく屋根を叩いている。
鋭い稲光、耳をつんざく雷様、その合間にやけのような花火の音が交錯する。

「オーマイゴッド!」何でこのタイミングで・・・・。

明けて2日、ピーカンとは言えぬまでもまあまあの天気。
久しぶりに5合目の須走り登山口にでも行って富士山を間近で拝もうじゃないか。

須走りにある自衛隊基地近辺、緑の芝生に赤松並木、空気が澄んで気持ちが良い。

しかし、しかしである。登るにつれて霧が流れてきた。
c0135543_9533161.jpg

そして、驚いた事には登山口の500mも手前から
道路の片側は駐車している車の列で占められている。

漸く駐車場にスペースを見つけ外に出る。

「ウヒュー! なんだこの寒さは!!」。
c0135543_9533426.jpg

海抜2000メートルの須走り登山口、
霧は垂れこめ富士山はおろか周りの景色は何も見えない。
c0135543_954469.jpg

見えるのはただただ車・車・車。
これが世界遺産の威力なのだろうか。
c0135543_9545074.jpg

それにしてもこの寒さ、
風邪でも引いては大変と早々に退散した。

帰りついた家の周辺には霧が立ち込めていた。
c0135543_9544878.jpg

「娘さんにゃ惚れるなよーーーー
 山の天気はよー、娘心よ」
c0135543_9554711.jpg

[PR]
by shige_keura | 2014-08-31 20:51 | | Comments(0)
<< 気がつけば9月 ・・・老ファン... 気がつけば9月  ・・・・横綱... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.