Top
気がつけば9月 ・・・老ファンのつぶやき・・・
7月30日、日経新聞の夕刊
「明日の話題」に目が止まった。

タイトルは「老ファンのつぶやき」、
自称・昔野球少年の安藤裕康・国際交流基金理事長が
現状のプロ野球を憂いての改革案、これがなかなか面白い。

氏の持論、「野球は日本人の感性に合ったスポーツ」との前提に立って
サッカーに押されがちなプロ野球の
人気挽回を図る三つのキーワードを述べている。

そのアイデアと自称・昔野球小僧の意見を述べてみよう。

1.時間短縮・・・・・・・大賛成
  現在の日本のプロ野球平均試合時間は3時間20分、
  高校野球は2時間に満たぬし、MLBでさえ3 時間を切っている。
  「野球は間のスポーツ」なのであるのは確かだが
  現状のプロ野球は間延びのスポーツと化している。

  今も語り継がれているプロ野球屈指の好試合が天覧・巨人対阪神戦、
  試合開始が19時、4対4のままで9回裏
  長嶋のサヨナラ本塁打が飛び出したのが21時12分
  これぞ、凝縮された2時間12分の白熱戦だった。
c0135543_2053217.jpg

  今は、攻守交代、投手交代、サインの交換、代打の起用、
  いちいちが時間が掛かり過ぎている。

  時間短縮は審判、選手の努力次第でいくらでも可能となる。

2.国際化、アジアリーグ結成による球団数の増加・・・一部賛成
  アジアリーグ結成は国と国との交渉事でもあり時間がかかるが、
  他国に頼らずに球団数増加は可能と思うし大賛成だ。

  方法論として、外人枠を撤廃し球団数を12から16に増やす。
 
  これによって御当地球団が無い地方の活性化にもつながるし、
  外人枠撤廃の刺激を受けて日本人のレベルアップにもつながる。

  新たなフランチャイズの候補地は、
  新潟、富山、金沢、松山、宮崎、沖縄等が考えられるのではないだろうか。
  






3.ビデオ判定の拡大・・・・・絶対反対
  安藤氏は現在の本塁打だけに適用されている
  ビデオ判定を拡大すべしと述べているが
  これには大反対である。

  ビデオ判定が頻繁に起こることは試合の更なる遅延に繋がるばかりか
  ゲームとしての興を削ぐことにもなる。
  あくまでも人間が裁くことを最大限に残す、
  すなわち、人間味を最大限に維持することが大切だ。

以下は、安藤氏が指摘していないこと、
単なる爺の持論の紹介だ。

野球は日本人の感性に合っていると私も思う。

だからこそ、応援のサッカー化は防げねばならぬ。
つまり、「鳴り物入り・エンドレス応援」は
野球の最大の魅力である「間」を阻害することに他ならぬ。

テレビ局、特に日本テレビに言いたいこと。

それは中途半端な中継は論外、
中継するなら始めから終りまで、
それが出来ぬならば、全てをBSで中継せよ。

妙なタレントのお喋りはファンをいらいらさせるだけ、
もっと、中継方法を工夫したら如何なものか。

例えば、ドームの利点を活用して
天井からつるしたカメラで攻撃、守備の動きを俯瞰撮影する。

こうすることによって、例えばバントシフトの場合の
守備陣形の変化が手に取るように分かるだろう。

まだまだ、沢山言いたいことがあるが
今日の所はこれまでとしよう。

テレビ局の野球中継関係の皆様
もうすこし”おつむ”をお使いになった方が宜しいようで。
[PR]
by shige_keura | 2014-09-01 20:07 | | Comments(0)
<< 気がつけば9月 ・・・夏休みと... 気がつけば9月・・・・娘心はよ... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.