Top
野球ニ題
先ごろ行われた日米プロ野球最終戦について
感じた事を書いて見たい。

ソフトバンクと阪神で行われた日本シリーズ最終戦は
守備妨害という予想外の出来事で終結した。

8回裏ソフトバンクが待望の1点を取り
守護神、サファテで優勝の筋書きが出来た。

ところが、頼みのサファテの球筋が定まらず
一死を挟み3四球、阪神に同点・逆転のチャンスが転がり込んできた。

これは相手が勝手に自滅して与えてくれたもので
攻撃側としては無理しなれば同点は必至だった。

ただ、ここで迎えた打者が西岡と言う所に落とし穴があった。

彼はイケイケドンドン型、目立ちたがり屋の選手、
阪神側としては期待する半面不安も一杯だったであろう。

私の予想は、バットを振らなければ押し出し、
振ればダブルプレーで試合終了だった。
c0135543_9142100.jpg

試合後は西岡の守備妨害ばかりが話題となったが
試合を決めた1球は、2ボール後のボール球に
西岡がバットを出してファールしたことである。

これを見送ったならば3ボール、押し出しは見えていた。

西岡の派手好みの性格がこの場面には適してなかった。

だから、敢えて言うならば和田監督のボーンヘッド、
少なくとも、打席に向かう西岡に耳打ちをすれば良かった。

野球の試合は1球で勝負を決めることが多々あるが
この試合を決めたのは2ボール後に投じた3球目のボール球にあった。







同時並行的に行われたアメリカのワールドシリーズ、
ジャイアンツとロイヤルズは最終第7戦にもつれこんだ。

この試合で、私はまざまざと日米野球の違いを見た。

2回表、ジャイアンツ、4番がヒットで1塁に出塁、
先取点がどうしても欲しい場面、
ここは日本ならば9割以上が送りバントだろう。

ところが、送りバントの気配すらなく
5番バッターは三遊間を抜くヒットで無死1,2塁。

ここでも、バントの気配は皆無、
結果的に二つの外野への犠牲フライで2点がジャイアンツに入った。

その裏、全く同じ経過でロイヤルズは無死1,2塁、
絶好の同点の機会、日本ならば絶対に犠牲バントだ。

しかし、ここでもバントをする構えすらなく
結果的に同点で終盤へと入って行った。

終盤も1点が試合を決める展開にもかかわらず
犠牲バントは1回もお目にかからなかった。

メジャーリーグの試合展開がスピーディーな理由は
こういった、1点を取る為に、こせこせとしないところにもある。

日本だと、打者は1球ごとに打席を外しサインを確認、
捕手は立ち上がってブロックサインを守備側に伝達、
緊迫した試合にその都度水を指すこととなる。
c0135543_9132729.jpg

狩猟民族の野球と農耕民族の野球
その違いをまざまざと見せつけられたワールドシリーズ最終戦だった。
[PR]
by shige_keura | 2014-11-04 09:16 | スポーツ | Comments(0)
<< 秋深し・・・・・・ 夏競馬 -3- 倍返し・・・成らず! >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.