Top
洲崎と言えば -2- 赤信号
明治期から昭和33年(1958)の売春防止法成立まで
多くの遊客を引き付けたのが洲崎の遊郭だが、
この発足のきっかけとなったのは最高学府・東大であることは余り知られていない。

明治20年(1887)、富坂(現在の文京区)に
東京帝国大学の校舎新築が決定した。

これによって、至近距離にあった根津遊郭は
風紀上の観点で移転を余儀なくされた。

遊郭の規模を考えると新たな土地に移転せざるを得ず、
白羽の矢が立ったのが洲崎弁天脇の広大な湿地を新たに遊郭として整備する事だった。

即ち、洲崎の遊郭は海面を埋め立てた「遊郭島」であった。
                (「洲崎弁天境内」歌川広重)
c0135543_14201340.jpg

以降、洲崎遊郭は隆盛を極め、
大正末期には吉原と双璧、「北国の吉原」に対し
「辰巳の洲崎」と謳われるほどであった。
c0135543_14215189.jpg


c0135543_1423012.jpg

太平洋戦争、東京爆撃で洲崎もほぼ焼失したが
戦後の復興は早く「洲崎パラダイス」の愛称で多くの殿方の足を引き寄せた。
c0135543_14223449.jpg









昭和31年(1956)、売春防止法成立直前、
異才・川島雄三が1本の映画を完成させた。
c0135543_1424762.jpg

題名は「洲崎パラダイス 赤信号」、
これは芝木好子の小説「洲崎パラダイス」を映画化したものである。
c0135543_1426385.jpg

しかし、川島雄三は何故、原作に無い言葉、
「赤信号」を追加したのだろうか?

川島雄三となると誰しもが代表作として「幕末太陽傳」を挙げる。

確かに本作品は日本の映画史に残る傑作だが
川島雄三自身は「洲崎パラダイス 赤信号」を最も気に入っている。

本人はその訳を言わないが推測するとこうなる。

「幕末太陽傳」は神懸かり的なフランキ-・堺に支えられた映画、
言わばフランキ-のワンマンショーとも言える。
c0135543_14302387.jpg

その点、「洲崎パラダイス 赤信号」は登場人物、
話の展開、映画の長さ、実にバランスのとれた映画である。

煮え切らぬダメ男、気丈な女、舞台は遊郭のすぐ目の前、
となると、ドロドロした男女のもつれとなるのが普通だが、
流石切れ者、川島雄三、あくまでもさらりとドライに描写している。
c0135543_14315878.jpg

出演者はそれぞれの味を出し、居酒屋の女将となる轟夕起子は、
これが宝塚のお嬢様俳優かと思えるほどの庶民的味を醸し出している。
c0135543_14323449.jpg

中で、出色は新珠三千代、表面上は気が強いが、
別れようにも別れられぬ女の性を、
時にはゾッとするほどの色香で観る者を引きつける。
c0135543_143692.jpg

身を寄せたのはしがない居酒屋。

目の前の橋を渡れば、そこは遊郭・「洲崎パラダイス」。
いっそのこと、橋を渡って身を売るか??・・・・・、
行けば帰れぬ片道切符、赤信号がチカチカと点滅する。
c0135543_14333591.jpg

現在の洲崎(東陽町)には、
ほんの少しだけ往時の残り香が窺える。
c0135543_14364232.jpg

「大門通り」に「洲崎橋」跡。
c0135543_14371674.jpg

上を見上げれば「洲崎橋南」の信号、その色は赤だった。
c0135543_1438305.jpg

[PR]
by shige_keura | 2014-11-14 08:44 | | Comments(0)
<< 洲崎と言えば -3- 車に懸けた夢 洲崎と言えば -1- 英雄二人 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.