Top
アンコ椿は・・・・・
今となっては、とんとお目にかからない二千円札だが、
紙幣の裏に描かれている女性は誰か?
覚えておられるだろうか。

間違っても樋口一葉とお答えにならないで欲しい。
彼女は五千円札の中に描かれている。

登場人物は男性2名と女性1名である。

女性はともかく、3名全て答えられる人は
そうそう居ないのではないだろうか。
c0135543_22204227.jpg

11月14日、後楽園からの帰り道で立ち寄ったのが神楽坂、
あてもなく歩いているときに目に留まったのが「梅花亭」、
これは有名な店に違いない。
c0135543_2225869.jpg

案の定、明治中期に柳橋で創業した老舗の暖簾分けながら
昭和10年以来神楽坂に店を構え今年で80年を迎える。

季節の銘菓、「栗きんとん」の名前に引き寄せられ店内に入ったところ、
「椿餅」なる菓子に目がいった。

「櫻餅」、「柏餅」、笹の葉でくるんだ「よもぎ団子」ならば良く知っているが
「椿餅」とは聞き慣れない。
c0135543_2218209.jpg

爺と感じの良い若い女性店員とのやりとりである。

「この椿餅って???」

「中に漉し餡が入っています。
 椿の葉は大島からのものですが食べられません」

「そりゃそうだろう。だけど、椿の葉って香りがするのかね?」

「いやー、どうでしょうか、しないですね。
ですけど、和菓子は古くは中国から伝わったものですが
日本固有の和菓子としては椿餅が最も古いのですよ。
 何しろ平安時代の時からあったのですから、是非お試しください」




栗が変じて椿となった。

栗は食べられるが、椿の葉は食べられぬ、
全ては、日本最古の和菓子につられてしまった為である。

1964年の大ヒットソングが「アンコ椿は恋の花」、
”三日遅れの便りをのせてーーーー
 船は出ていく波浮港・・・・・・”。
c0135543_22211382.jpg

都はるみの初ミリオンセラー曲だが
このアンコは食べる餡子ではない。

大島では若い娘を「アンコ」と呼んでいた。

その昔、島では若い娘を「あねっこ」と呼んでいたのが
何時の間にか「アンコ」となってしまったらしい。

歌の意味するところは、
”若い娘の恋心は椿の花の様に真っ赤に燃えている”ということである。
c0135543_22213328.jpg

さて、「椿餅」だが確かに一節によると日本の和菓子の起源ともある。

何故なら、中国伝来の菓子はすべて揚菓子、
その中にあって平安時代から椿の葉を合わせて
餅の粉に甘葛をかけた餅菓子を食べた記述が
日本を代表する小説に描かれている。

それは、かの紫式部が光源氏を主人公として
54帖にものぼる大作として仕上げた「源氏物語」である。

54帖は400字詰めの原稿用紙、2,400枚分、
登場人物は約500名、物語は70年間に及ぶ
壮大にして稀有な王朝絵巻である。
c0135543_2222668.jpg

中の一篇、第34帖、「若菜上」、
貴族の館で蹴鞠の会が催された時に、
若い男女が梨、柑子や椿餅を食べたと書かれているのだ。

「源氏物語」と言えば日本を代表する
古典文学であり光源氏を巡る恋のお話だ。

ということは、やはり「餡子椿は恋の花」だったわけだ。

さて、冒頭の二千円札の事だが、
紙幣の裏に描かれている女性は紫式部、
二人の男性は光源氏と冷泉院であり、
第38帖、「鈴虫」のなかの模様が描かれている。
c0135543_22232849.jpg

c0135543_22242431.jpg

c0135543_22244150.jpg


c0135543_22224926.jpg

艶々した椿の葉、上品な漉し餡、
抹茶と共に一時の古典を味わった。
[PR]
by shige_keura | 2014-11-25 21:17 | | Comments(0)
<< 名場面再び!! イチョウも迷惑 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.