Top
イチョウも迷惑
11月中旬、秋晴れにつられて昔懐かしい麻布に足を運んだ。

そのひとつの目的は善福寺の大イチョウを見に行くことだった。
c0135543_21303053.jpg

60年以上も前の小学校の頃、ここ一帯は爺の縄張り、
悪友と日が暮れるまで遊びまわっていたものだった。

しかし、当時はこの寺が善福寺だということも
「逆さイチョウ」の名前の大イチョウがあることも知らなかった。

寺の階段を上がった所の焼け野原からは麻布十番から芝にかけて
一望に見渡せたが今や街の表情は全く変わってしまった。

それは10年ほど前の事だったが
親友のひとりが酔った勢いで建設会社に勤務している友達に噛みついた。

「お前ら建設会社は都市計画の思想が全く無い!
街をぶち壊しているだけじゃないか」。

そこから、延々とした口論が始まったのだが、
麻布善福寺の景観を見ると
友人の言ったことは正解と思えてくる。






c0135543_21345759.jpg

1983年バブル景気直前、
都内各所でビル建設を進めていた「Mビル」が
寺から一部の土地を譲り受け高所得者向けのマンションを建てた。
c0135543_21354488.jpg

マンションの姿かたちも醜悪であるが
何故、由緒ある寺の真後ろにこのような建物を作ったのだろうか。

そういえば、この会社が愛宕山に或る我が家の菩提寺を
取り囲むように高層ビルを建設したのも同じ頃である。

まさに全うな都市計画のかけらも見受けられぬ愚かしい所業である。
c0135543_21361144.jpg

善福寺には母校の創始者・福沢諭吉も眠っているが、
戒名・大観院独立自尊居士も
この建物にはさぞかしビックリしただろう。
c0135543_21363490.jpg

善福寺は元長元年(824年)、
弘法大師・空海によって開山されたと伝えられている。

当初は真言宗の寺だったが鎌倉時代に入り、
親鸞聖人がこの地を訪れた時を境に浄土真宗の寺となった。

この寺の大イチョウについては次の言い伝えが残されている。
c0135543_21373613.jpg

それは、親鸞聖人が寺を去る時
地面に挿した杖から根が生え、
枝が出て葉が生い茂ってきたというものだ。
c0135543_2139305.jpg

そのことからこの木は「御杖イチョウ」と呼ばれていたが、
樹齢を重ね(推定750年)根がせり上がって
枝が下に伸びているように見えることから、いつしか「逆さイチョウ」と呼ばれ
「麻布七不思議」のひとつに数えられるようになった。
c0135543_21402582.jpg

いずれにせよ、樹齢推定750年ということは
生れは鎌倉時代に遡り
親鸞聖人の言い伝えと時代的には重なってくる。
c0135543_21405027.jpg

               (江戸時代の善福寺と大イチョウ)
c0135543_2141148.jpg

尚、このイチョウの幹周りは約15メートル、
都内最大級であり東京都の天然記念物に指定されている。
c0135543_21421179.jpg

しかし、イチョウと寺とマンションの取り合わせ
着工計画の段階で何とかならなかったものだろうか。
c0135543_21424269.jpg

摩訶不思議なマンションのデザイン、
暫く見入っているうちに閃いた。

ひょっとしてデザイナーは逆さイチョウをイメージしたのではないだろうか??
c0135543_2144381.jpg

「逆さイチョウ」に「逆さマンション」、
こんな醜悪なビルに真似をされたイチョウこそいい迷惑である。



1983年バブル景気直前、
都内各所でビル建設を進めていた「Mビル」が
寺から一部の土地を譲り受け高所得者向けのマンションを建てた。

マンションの姿かたちも醜悪であるが
何故、由緒ある寺の真後ろにこのような建物を作ったのだろうか。

そういえば、この会社が愛宕山に或る我が家の菩提寺を
取り囲むように高層ビルを建設したのも同じ頃である。

まさに全うな都市計画のかけらも見受けられぬ愚かしい所業である。

善福寺には母校の創始者・福沢諭吉も眠っているが、
戒名・大観院独立自尊居士も
この建物にはさぞかしビックリしただろう。

善福寺は元長元年(824年)、
弘法大師・空海によって開山されたと伝えられている。

当初は真言宗の寺だったが鎌倉時代に入り、
親鸞聖人がこの地を訪れた時を境に浄土真宗の寺となった。

この寺の大イチョウについては次の言い伝えが残されている。

それは、親鸞聖人が寺を去る時
地面に挿した杖から根が生え、
枝が出て葉が生い茂ってきたというものだ。

そのことからこの木は「御杖イチョウ」と呼ばれていたが、
樹齢を重ね(推定750年)根がせり上がって
枝が下に伸びているように見えることから、いつしか「逆さイチョウ」と呼ばれ
「麻布七不思議」のひとつに数えられるようになった。

いずれにせよ、樹齢推定750年ということは
生れは鎌倉時代に遡り
親鸞聖人の言い伝えと時代的には重なってくる。

尚、このイチョウの幹周りは約15メートル、
都内最大級であり東京都の天然記念物に指定されている。

しかし、イチョウと寺とマンションの取り合わせ
着工計画の段階で何とかならなかったものだろうか。

摩訶不思議なマンションのデザイン、
暫く見入っているうちに閃いた。

ひょっとしてデザイナーは逆さイチョウをイメージしたのではないだろうか??

「逆さイチョウ」に「逆さマンション」、
こんな醜悪なビルに真似をされたイチョウこそいい迷惑である。
[PR]
by shige_keura | 2014-11-24 21:46 | | Comments(0)
<< アンコ椿は・・・・・ 黄葉の誘い >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.