Top
風雪の金沢 -茶屋街でフレンチ-
12月17日(水)、予定で行けば帰京の日なのだが
風は益々強さを増してきた。

帰れるのか、どうか・・・・、
天気の事は考えても仕方がない。
c0135543_117680.jpg

ここは卯辰山下の東茶屋街、
金沢で三カ所ある茶屋街の中では最も格式高く、
今でも町の旦那衆の遊び場として健在である。
c0135543_117384.jpg

昔ながらの日本の佇まいにあるのが
評判のフレンチ、「ロベール・デュマ」である。
c0135543_118164.jpg

シェフの岩城さんは1988年から3年間、
フランスのアルザス、ブルゴーニュ等で修業、
1996年金沢の寺町に店を構えた。

その後、泉ヶ丘に移転した後、
2013年より東茶屋街で腕を振るっている。

こじんまりとした店内は心地よい空気が流れ
ホッとした気分にさせられる。

最初に出てきたアミューズ、
味もさることながら洒落た器に目を奪われた。
c0135543_1184917.jpg

この色合いは徳田八十吉では?

案の定、当代、4代目の徳田八十吉の手によるものだ。

4代目は八十吉初めての女性、
人間国宝であった3代目(父)の死後の重責を担っている。
c0135543_11131821.jpg

先代特有の眼を奪うような色使いを踏襲しながらも
女性らしい繊細さを感じる。

肝心な料理の方も、これまた素晴らしい。
c0135543_11135753.jpg


c0135543_11143072.jpg

新鮮な鯛のムニエルと野菜のコンビネーション、
かぼちゃのポタージュ、濃厚なソースが味を引き立たせる子牛のロースト、
デザートのブリタ-ニュ地方の郷土菓子まで、
満足この上ないランチメニューだった。
c0135543_1115051.jpg


c0135543_11152558.jpg

料理雰囲気は満足なのだが、不満は天気、
一向に回復の兆しを見せていない。
c0135543_11155178.jpg

これを天の恵みと、もう一泊、古都を楽しもう。
[PR]
by shige_keura | 2015-01-08 09:14 | | Comments(0)
<< 風雪の金沢 -絶景かな、絶景かなー 風雪の金沢 -冬の風物詩- >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.