Top
上越紀行 -快晴の苗場-
2月7日(土)、天気予報がドンピシャと的中! 
c0135543_9273641.jpg

「ピーカン」とはこのこと、
穏やかな快晴、絶好のスキー日和である。
c0135543_9351737.jpg

「ピーカン」は山岳用語とも撮影用語とも言う。

空は青空、一服しているピースの缶の色のよう
ピースの缶、これすなわち「ピーカン」
c0135543_9352644.jpg

快晴の日はカメラのピントが合わせやすい、
即ち、「ピントが完全」からピーカン。

太陽の光がピーンと届いてカンカン照り、「ピーカン」、
諸説あるが、抜けるような青空の表現であることには間違いはない。

昨晩から降り積もった新雪が
柔らかなビロードのようにゲレンデを包みこんでいる。
c0135543_936224.jpg

ここ、初・中級者用「浅貝ゲレンデ」の頂上から真正面に
苗場山を背景にプリンスホテルの白亜の建物がそびえている。

大学生の頃、悪友を募って春スキーを楽しんだ事が
つい先日の様に思い起こされる。
c0135543_949381.jpg

時には暑さも覚える春スキー、
セーターを脱ぎすて滑りまくる。

夜はホテルの一室で酒を酌み交わし
カードゲームに興ずる。

まさに青春真っ只中の時の事だった。






c0135543_9371073.jpg

私の子供の頃、そして青春時代はスキーと切り離しては語れない。

中学3年生の時、友人とたった二人で
上野発の夜行で信州のひなびたスキー場に出かけた事があった。

湯田中で乗り換え、須坂駅に着いたのは早朝、
そこから山田温泉の宿まで1時間以上もかけて山道を歩いて行った

宿の近くのスキー場にはリフトをはじめとする
文明の利器の姿はひとつもない。

文明の利器の姿どころか、
吾々のほかに人は誰も居なかった。

吾等二人、ただただ、スキーをかつでは登り、滑り下り、転び、
雪まみれになって遊びに遊んだ。
c0135543_9375975.jpg

昼食は宿で作ってもらった握り飯、
温かい飲み物などあろうはずがない。

しかし、冷えたお茶と共に食べた握り飯が妙に旨かった。

山田温泉の宿は電気も通っていない、まさにランプの宿、
うす暗い風呂場はもうもうと湯気が立ち込めていた。

疲れた身体をゆっくりとほぐし、待ちに待った夕食、
育ち盛りの子供の為の特別トンカツ、「旨い!」。

腹の皮が突っ張れば、目の皮が弛むとは良く言ったもの、
あとは布団に潜り込んで睡魔に任せて深い眠りに落ちる。

判で押したような日々が4日間続いたあと、
帰りは夜行に乗る為に同じ道を満天の星空を仰ぎつつ駅を目指した。

澄んだ夜空にチカチカと煌めく星座、
あのとき以上に美しい星空は眺めた事がない。

上野駅に帰って来た時に子供の旅は成就!

大人の世界の入り口に到着したかのような
満足感を味わったものだった。
c0135543_9383916.jpg

今や爺の孫は小学校6年と3年生、
上の孫は愈々中学へ進学する。
c0135543_9392275.jpg

これから二人はどのような青春時代を過ごして行くのだろうか。

やりたいことが山ほどあるようだが、
とにかく自分が好きなことを片っ端からやればいい。

若者はそれだけのエネルギーを蓄えている。

絶好の日和と最高の雪質、そしてスキー板の改良で
予想を遥かに上回る滑りが出来た。
c0135543_9394783.jpg

その昔、スキー板の長さは
自分の手を上に一杯に上げた所が目安だった。
c0135543_9401055.jpg

それが3年ほど前には自分の背丈と同じ長さとなり、
今では肩の高さにまで低くなってきている。

そのおかげで、スキーを操ることが容易になり
短いので加速がつきにくいので
スピードに対する恐怖感が薄れている。

その昔、志賀高原の杉山進スキースクールが私のスキーの原点だ。
55年も前のことだが、身体に沁みついた感覚は今も忘れていない。

しかしながら、感覚は覚えていても足腰の衰えは明白、
無理は禁物、この辺で滑りは切り上げ
ロッジで温かいココアでも飲みながらのんびりと過ごそう。
c0135543_940406.jpg

孫二人はゲレンデを外れて新雪をかき分けて進んでいる。
c0135543_941218.jpg

滑りに飽きたら雪合戦に洞穴造り、
とにかく、一生懸命外で身体を動かし遊んだほうが良いのだ。
c0135543_9413296.jpg

お向かいの苗場は照明が瞬きはじめた。
c0135543_942683.jpg

頃は良し!
焼肉、チーズフォンデュをワインと共に味わう時間となってきた。
c0135543_9423478.jpg

[PR]
by shige_keura | 2015-02-11 09:53 | | Comments(0)
<< 上越紀行 -街道今昔- 上越紀行 -湯沢の名店ー >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.