Top
梅雨入り前の北陸路~オデンに串焼き~
ここは金沢市東茶屋街奥の観音坂
長い石段が観音院に通じている。
c0135543_9374554.jpg

ここは、6年間暮らした金沢時代の家から歩いて3分、
この階段を何度となく上り下りしたものだった。
c0135543_9381768.jpg

観音院は「四万六千日」で知る人ぞ知るの寺。

毎年、旧暦7月9日にお参りすると
実に126年毎日お参りしたのと同じ御利益が有るので
近隣から大勢の人々が訪れている。

同時にここの観音様は無病息災、
とりわけ「ボケ防止」の御利益があるので
当時は父の為に随分とお参りしたものだった。
c0135543_9391958.jpg

ところが、今や己のボケ防止を精一杯願い
アジサイの咲く境内で、手を合わせる自分が居た。
c0135543_9395757.jpg







通い慣れた東山の散歩道をぐるりと回って
東茶屋街に戻った頃、
頃は良し、「ちょう吉」に暖簾が掛かった。
c0135543_941846.jpg

金沢は魚が美味しい!!

これは否定できないが、「ちょう吉」の肉の串焼きは絶品、
当時は足繁く通ったものだった。

そのときは40代の夫婦が二人が
それこそ、汗水たらし切り盛りをしていたが、
今や息子が手伝う年齢に達し、
当時は開けて無かった昼に、息子が親子丼を提供し
地元ばかりか観光客からの評判も良い。
c0135543_9421115.jpg

この店の良い所は、夫婦ともに無駄口を叩かぬことだ。

だからと言って無愛想ではなく
その目は「やー、又来てくれましたね」と優しく語りかけてくれる。

先ずはあの頃のように、関西風のオデンから始める。

上品な色に仕上がった大根、ガンモドキ、焼き豆腐等、
東京のに煮しめたようなオデンとは違う
飽きの来ない具の味が自然と口の中に広がる。
c0135543_9424641.jpg

あのころの金沢の味が蘇ってきた。
「旨い!!!」。

冷酒をチビチビ、オデンを片付けたころ、
串焼きが手際よく次々と運ばれてくる。
c0135543_9431198.jpg

「ちょう吉」の串焼きはサイズが手ごろ、
炭火の強火で焼いた食感は
銀座の焼鳥の名店「武ちゃん」に匹敵する。
c0135543_9433838.jpg

ただ、「武ちゃん」が鶏専門に対し、
「ちょう吉」は串焼きを名乗っており、
タン、シロ、ハツ、骨付きカルビ等も取りそろえている。

こんがりと焼き上げた締めの焼きオムスビ、
ほろ酔い加減でお腹も十分。

お勘定の時に顔を合わせた息子に言った。

「今度はお昼に来なくちゃね」。
c0135543_944062.jpg

その時の彼の嬉しそうな顔が今でも瞼に残っている。
[PR]
by shige_keura | 2015-06-25 09:47 | | Comments(0)
<< 梅雨入り前の北陸路~橋三態~ 梅雨入り前の北陸路~蕎麦の里・今庄~ >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.