Top
遥かなる昭和・本物のタレント群像 -2-
「昨日(きのう)の続き」。

ラジオ関東(現・ラジオ日本)で1959年から1971年まで
12年間もの長きにわたって放送された人気トーク番組だった。

富田恵子は番組アシスタントとして毎回登場し
二人の男性のトークのお相手をしていた。

番組の最後に必ず彼女が言う爽やかな口調が印象的!

「今日の話は昨日の続き、今日の続きはまたあした、
提供は参天製薬、声とアイデアは前田武彦、永六輔(大橋巨泉)、
そして私、富田恵子がお送りしました」。

リズム感抜群のフレーズは当初は、番組ゲストだった
大橋巨泉が考えたものだと本人が語っていた。

レギュラー永六輔の、なんとも独特な声に驚いた覚えがあるのだが、
切れ味と間合い抜群のトークに魅了された。

大橋巨泉は或る日、突然スタジオに来なくなった
永六輔に代わっていつしかレギュラーとなった。

永六輔は当時から番組降りの名人として仲間内で有名だったとか。

私にとっては永六輔よりも大橋巨泉の方が
前田武彦とのコンビネーションが上手くいっているように感じた。
c0135543_2163639.jpg

あの大橋巨泉をして「話術の天才」と言わしめたのが前田武彦なのだから、
それだけでも番組は大成功したようなものである。
c0135543_2172765.jpg

この二人が組んだのが「巨泉・前武 ゲバゲバ90分」、
二人で1時間半の長丁場を飽きることなくこなせたのも
「昨日の続き」があったからこそと私は確信している。





富田恵子の姉・草笛光子が主演した「光子の窓」。
c0135543_21111859.jpg

               (「シャボン玉ホリデー」)
その後、同じ時間帯(日曜午後6時半から7時)に
1961年の6月から登場し大ブレークしたのが
ご存じ「シャボン玉ホリデー」なのだが、
同じNTV系列で時間帯は違うが
繋ぎの形で現れた洒落た音楽番組があった。

「魅惑の宵」、金曜日午後10時から30分間、放映されたもので
司会のロイ・ジェームスが番組を更にバタくさく、垢抜けたものとしていた。

彼の家系はロシア革命で日本に難を逃れたトルコ国籍。

明治大学在学中、異種格闘技の草分け「闘拳」で
ボクサーとして登場したこともあった。

その後E・H・エリックの紹介で芸能界に入り
外国人タレントのはしりとして活躍した。
c0135543_21102883.jpg

               (ロイ・ジェームスと梓みちよ、左側)
ロイ・ジェームスの売りは弁舌さわやかに
歯に衣を着せぬ語り口にあったが、
それは彼の生まれが東京の下町、台東区だったことが大きく影響している。

「魅惑の宵」に戻るが、小沢征爾の奥様、
入江美樹がカバーガール的に登場したのも印象的だった。

更には後に日本のアイドル的人気を誇った
ザ・ピーナッツ初のレギュラー番組として登場、
双子の綺麗なハーモニーが画面から流れてきた。
c0135543_219685.jpg

               (ザ・ピーナッツとロイ・ジェームス)
この番組を主に手掛けたのが前田武彦である。

「魅惑の宵」は「光子の窓」と「シャボン玉ホリデー」の間に
橋を架けた番組として私はとても印象深い。

番組名は勿論、ミュージカル「南太平洋」のテーマソング、
Some Enchanted Evening(魅惑の宵)、
と、来れば我が青春の女神・ミッチー・ゲイナーに繋がる。
c0135543_21263783.jpg

次のブログでは同じ1961年に登場した
二つのお化け音楽バラエティ番組を紹介しよう。
[PR]
by shige_keura | 2016-07-24 22:09 | | Comments(0)
<< 遥かなる昭和・本物のタレント群... 遥かなる昭和・本物のタレント群... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.