Top
輝ける馬たち
私の競馬歴もかれこれ50年以上にもなる。

その長い歴史の中で私の目を虜とした3頭のサラブレッドが居る。

最初はスピードシンボリ、
当時としては初の有馬記念連覇(1969、70)を達成した馬である。
c0135543_160429.jpg

3歳の皐月賞、ダービーは取るに足らぬ成績だったシンボリが
急遽脚光を浴びたのが菊花賞の時だった。

大本命ナスノコトブキ大楽勝と思われた淀の直線、
後方から矢のように伸びてきた脚色に満場は度肝を抜かれた。

長い長い写真判定の結果ハナの差で屈したとはいえ
シンボリの名前は大きくクロースアップされた。

翌年、アメリカジョッキークラブ杯、目黒記念、
天皇賞と3連勝した後シンボリは日経賞に出走してきた。

無敵シンボリ、ライバルは恐れをなしたのか
わずか5頭の淋しいレースとなった。

このとき、私は中山のパドックで
今や遅しとシンボリの登場を待ち焦がれていた。

黒鹿毛の彼を見たとき、その気品のある美しさ、
とりわけ、これが牡馬かと思われる静かなるサラブレッドに
驚きを覚えたもにだった。

時に1967年の事だった。

サラブレッドは人間が作った最高の芸術品、
まさにその至宝とも言うべき姿が目の前に居た。

向こう正面でスルスルと上がっていくときの華麗なフットワーク、
夢見る想いで直線を先頭で駆け抜けるシンボリを見つめていた。

実際の姿は見ていないが
グラスワンダーが私を虜にした2頭目の馬である。
c0135543_161953.jpg

1995年の朝日杯、西に傾いた夕日を浴びて
輝く金色の栗毛の美しさをテレビで見たときの感動は忘れられない。
c0135543_161415.png

今や20歳を超す老境に差し掛かったワンダー、
その眼は現役のころと比べ優しさに溢れているが
金色の栗毛は当時の美しさを今に伝えている。

3頭目が先日の有馬記念を制したサトノダイヤモンドだ。
c0135543_1631767.jpg

鹿毛のダイヤモンド、馬券を取らせてもらったからではないが、
パドックを周回する彼のバランスの良い体型は抜きんでていた。

父はディープインパクト、祖父はサンデーサイレンスの良血、
競り市価格は2.4億円、
同じ父を持つ良血馬のロイカバード(2.6億円)との
5億円の新馬対決を制しクラシック候補に名乗りを挙げた。

しかし、皐月賞は仕上げ途上で3着、
ダービーは落鉄による不運で2着に終わった。

その無念を菊花賞で晴らしたサトノダイヤモンドが
年の瀬を飾るグランプリで良血の真価発揮、
並み居る古馬を一蹴した。
c0135543_1635934.jpg

馬体的には父のディープインパクトを圧倒するサトノダイヤモンド、
来年は凱旋門賞への挑戦が囁かれている。

しかし、私、個人的には日本に留まって
優美でありながら逞しい身体を緑のターフで躍動させ
ダイヤモンドの輝きで魅了して欲しい。
[PR]
by shige_keura | 2016-12-30 08:39 | スポーツ | Comments(0)
<< Post 2016 ふるさと独歩行 -師走の金沢― >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.