Top
2017年お正月 -願いは叶う-
港区にある愛宕神社は近年初詣の人気上昇中、
年ごとに訪れる参拝客の数は増えている。

その理由は、誰が仕掛けたか知らぬが
都内のパワースポットだと言うことと、
23区内の天然の山では最高峰であることに因る。

最高峰を具体的に言うと25.9メートル、
これをもって高い低いを論じることは意味がないが、
正面の男坂と呼ばれる階段を見上げると、
その高さは現実性をもって迫ってくる。
c0135543_8481681.jpg

この石段の数は86段であり、
最大傾斜40度に達していると言う。

この階段は俗に「出世の階段」と呼ばれており、
名前につられて息を切らしながら上る人の跡は絶たない。

命名の背景には次の話が残されている。

時は寛永11年(1634年)
三代将軍・家光が芝の増上寺参拝の帰りに
この石段の前を通りかかった。

そのとき将軍が見上げた石段の上に
梅の花が咲いていたので、
誰か勇気ある者、馬で取って来いと命じた。

尻込みする家来の中で
讃岐・丸亀藩士の曲垣(曲木)平九郎が
見事馬を御して梅の花を将軍に献上し、
彼の名前はたちまちのうちに広がったのである。
c0135543_8494162.png

急な階段を見上げると、
これは講談、浪曲の中の架空の話であると思えるのだが、
明治以降、実際に馬で山上の神社まで上った例が三件ある。

もっとも最近では1982年、馬術のスタントマンが
テレビの番組のなかで32秒で頂上まで到達した。

さて、この神社が創建されたのが慶長3年(1603年)、
江戸幕府を開いた家康が
江戸の町が火災から無事に守られることを願ったものである。

その後、江戸は振袖火事をはじめ
何回か大火事に見舞われたが、そのつど見事に復興した。

しかし、最大の危機は幕末、慶応4年(1868年)、
西郷隆盛率いる東征軍が計画した江戸総攻撃にあった。

もしも総攻撃が実行されるならば
江戸は猛火に包まれ灰塵に帰すところだったのだが、
西郷隆盛と勝海舟の会談の結果、
寸前で総攻撃は回避された。

このとき、二人は愛宕山に登り、
江戸の町を見下ろして語り合ったとの一説が残されている。
c0135543_8504154.jpg

もしも、これが事実ならば
家康の願いは260年も経過した後の世まで通じていたのだ。

出世には、時すでに遅しであるが、
孫につられて山頂を目指した。

幸いにして今年も息も上がらずして
愛宕神社遥拝を済ますことが出来た。
c0135543_851182.jpg

但し、これはいつもの例だが
下山を横の女坂にしたのは、爺の高所恐怖症の為のものである。
[PR]
by shige_keura | 2017-01-06 09:29 | その他 | Comments(0)
<< 2017年お正月 -賑やかな初釜- 2017年お正月 -芋坂と言えば- >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.