Top
早春の熱海 ~ヨーロッパの旅館~
「ヨーロッパの旅館」、これが昨年10月末
“ひらまつ”グループが始めた
リゾート・ホテルのキャッチフレーズだ。

レストラン・ひらまつはホテルオークラで修業した
平松博利氏が、その後日本人として初めて
パリでオーナーシェフとしてミシェランの星を獲得したことで有名になった。
c0135543_10311578.jpg

今や、“ひらまつ”と言えば広尾の「ひらまつ本店」をはじめ、
代官山、銀座の“ASO”、ポールボキューズ、オーベルジュ・ドゥ・リルトーキョー、
アイコニック等のフレンチの名店を展開し
世のグルメ、グルマンにとっては堪らない存在となっている。

その“ひらまつ”が昨年の7月に賢島に
「ヨーロッパの旅館」をキャッチフレーズとしたリゾート・ホテルを開設した。
c0135543_10323279.jpg

今回滞在した熱海のホテルは昨年10月末開いたもの、
更に、矢継ぎ早に昨年末、箱根仙石原に三軒目のホテルを開設した。
c0135543_10341071.jpg

どのホテルも部屋数は少なく、熱海の場合も13室、
まさしく私が欧州に生活している頃愛用したシャトーホテルのコンセプトである。

シャトーホテルとは欧州の各所に点在している
貴族の館、僧院等をリゾート・ホテルとして改築したものである。

セールスポイントのひとつが
都市型のホテルに比べ小さいので
サービスが行き届いていることだ。

二番目は当時から地産地消を掲げ、
腕の良いシェフが腕によりをかけた料理を提供してくれることだ。

つぎにホテルのロケーションの大半が
街中の雑踏を離れ郊外の森の中、
或いは海辺に位置しているので、
ゆったりとした気分で真の休暇を満喫できるのが嬉しいことだ。
                (地中海に面したプチ・ニース)
c0135543_10351281.jpg

例えば、フランスのマルセイユ郊外に
地中海に面して建つ“プチ・ニース”、
プロバンス地方の山間に分け入った場所に
陽光を浴びて佇む“ボーマニエール”で過ごした時間は今でも忘れられない。
               (プロバンスの山間にあるボーマニエール)
c0135543_10363156.jpg

自家菜園で太陽を浴びて育ったトマト、ズッキーニや葉物、
地中海の海の幸に山の獲物を
ワインと一緒にやるのは至福のひと時である。

今回の熱海ではホテル側の格別な計らいで
思いがけず、ゆったりとした日本間に泊まれることが出来た。
c0135543_10384778.jpg

目の前に広がるのは伊豆の海、
すぐそばに浮かぶは初島、遠くに大島が霞んでいる。
c0135543_1049698.jpg

露天風呂でゆっくり身体を温め、いざ夕食!
c0135543_1050098.jpg

先ずは兎のリエットをおつまみにシャンパン。
c0135543_10513592.jpg

相模湾の赤座海老の備長炭・炭火焼、
蒸しアワビに肝のソース、フォアグラ等々、
シェフの選りすぐった食材に舌鼓を打つ。

勿論、紅白のワインが食事を盛り上げてくれる。

チーズにデザート、満ち足りた気分、
部屋に戻って一休みののち、
もう一度ゆっくりと温泉でくつろぐ。
c0135543_10532440.jpg

満天の星空、ゆったりと時が流れていく。
c0135543_10544991.jpg

[PR]
by shige_keura | 2017-01-28 22:12 | | Comments(0)
<< ”鴨しゃぶ”は低温で 早春の熱海 ~熱海のローマ風呂~ >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.