Top
出雲~松江~米子~広島~丸亀~高松 -3-
庭園もまた一幅の絵画なり

米子から車で小1時間ほどにあるのが安来市。
安来と言えば「安来節」であり、
滑稽な仕草のドジョウすくいの踊りと共に全国に知られている。
c0135543_21492465.jpg

しかし昨今では足立美術館で日本ばかりか
世界にその名前を轟かせることとなった。
c0135543_2151533.jpg

なにしろ、アメリカの日本庭園専門誌である
「Sukiya Living Magagine/The Journal of Japanese Gardening」誌による
庭園評価の結果、14年連続日本一に輝いているのだ。

因みに2016年のベストファイブはこうなる。

1.足立美術館
2.桂離宮(京都)
3.山本亭(東京)
4.御所西 京都平安ホテル
5.養浩館庭園(福井県)







「庭園もまた一幅の絵画なり」。
c0135543_21531255.jpg

これは足立美術館の創設者、足立全康氏の言葉である。
c0135543_215428.jpg

氏は貧しい家に生まれたので
10代の頃より木炭運びで生計を助けていた。

或る日、彼は帰りの荷が空であることに気が付き、
干し魚を帰りの荷物にすることで商才の一端を発揮していった。

その後、出雲の刀剣を扱い
主に軍に収めることで富を築いていった。

戦後は大阪を本拠地として
不動産投資で美術品を購入できるまでの財をなした。

1970年に自らの美術品を一般公開するために足立美術館を設立するが、
1977年に横山大観の「紅葉」を観たことで
彼の絵画に対する興味はますます高まっていった。
               (横山大観作「紅葉」)
c0135543_215019.jpg

今や、大観の所蔵作品は130点を超えるばかりか、
河合玉堂、上村松園、橋本関雪、竹内栖鳳等の
名だたる大家の作品を購入し展示している。

「庭園もまた一幅の絵画なり」の言葉が
これほど実感する美術館を他に知らない。
c0135543_2155081.jpg

白砂青松、枯山水、池庭とうの
手入れの行き届いた庭はまさに絵画そのものとして
我々の目に迫ってくる。
c0135543_21553948.jpg


c0135543_221782.jpg

9時半の開館から2時間ほどの時間をかけて
庭と絵画を鑑賞した後はこぎれいなカフェで心地よい一時を過ごす。
c0135543_21594350.jpg

満ちたりた気分で車を一路、広島へ、
遥か彼方に雪を頂いた名峰・大山の姿が!
c0135543_2159799.jpg

素晴らしい旅を暗示しているかのようである。
[PR]
by shige_keura | 2017-04-07 08:38 | | Comments(0)
<< 出雲~松江~米子~広島~丸亀~... 出雲~松江~米子~広島~丸亀~... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.