Top
出雲~松江~米子~広島~丸亀~高松 -11-
   宿命のライバル、

長々と続いた旅行記もいよいよ最後となる。

高松を訪れた私は金毘羅様、金丸座、讃岐うどん、等々
名所、名物はさておいて、
どうしても見学したいものがあった。
c0135543_1124133.jpg

それが中央公園に建つ二人の銅像、
水原茂、三原脩、共に郷土が生んだ
日本野球史に残る名選手にして名監督である。

スポーツの世界にライバル関係は良く取り沙汰されるが
水原・三原以上の宿命的ライバルは何処を探しても見つからない。

水原茂さんは1909年1月19日生まれ、
話と何ら関係ないが偶々私と同じ誕生日なのだ。
c0135543_11245570.jpg

彼は銅像から東に1.5キロにある
高松商業を経て慶應義塾大学に進んだ。

彼は幼少時に両親が離婚し
父が入り婿となったので水原姓を名乗ることとなった。

のちに水原さんはこう語っている。

「野球に熱中したのは寂しさ忘れようとしたからなのかな」。
c0135543_11275180.jpg

日本プロ野球の歴史上最高の洒落者、
ダンディ水原に憂愁の影が常に付きまとっているのは
幼少時の体験が影響しているものに違いない。

三原脩さんは1911年の生まれ、
銅像から西にわずか200メートルの所に或る
高松高校から六大学のこれまた名門の早稲田大学に進んだ。
c0135543_11262747.jpg

三原の生家は大地主、なにひとつ不自由なく育った彼、
監督時代のふくよかな顔つきからその生い立ちを容易に想像できる。
c0135543_1129457.jpg

高校から大学時代、
成績から見る限り水原さんが三原さんを圧倒している。

高松商業時代の水原さんは
同じ慶應に進んだ先輩宮武三郎とともに投手、三塁手として大活躍、
1925年夏、1927年夏と二度に渡り全国制覇している。

一方の三原は一度だけ甲子園に出たものの目立った活躍はなく、
香川県予選では常に水原にきりきり舞いさせられ、
ヒットはおろかバットに当てることも出来なかった。

その活躍は早慶に分かれて戦った神宮でも続いた。

水原は六大学野球随一のスター選手、
投手、3塁手として活躍、春秋通算5度の天皇盃に輝いている。

当時はプロ野球(職業野球)は下賤のスポーツ
東京六大学こそが日本のベースボールとして人気沸騰だった。
c0135543_1130385.jpg

水原さんの出る試合は常に超満員、
「水原さーーん」「がんばってー」「素敵-」、
黄色い声が神宮の杜にこだました。

三原さんは早稲田で2塁を守り3割近い打率を残すものの
人気は水原の足元にも及ばなかった。

ただ一度、三原さんは水原さんの鼻をあかせたことがあった。

1931年早慶2回戦、3塁ランナーの三原さんんは
投手水原さんの隙をつきホームスチールを敢行、
これが決勝点となって母校を勝利に導いた。

試合後、水原さんは言う、「あれはアウトだ」。

確かに写真が示す通り微妙なタイミングだった。
c0135543_11314948.jpg

二人の六大学時代にはおかしな共通点、
共に野球部を退部させられたと言うことがある。

水原は六大学史上というか、日本野球の歴史上最大の事件
「リンゴ事件」の首謀者として謹慎させられた。
c0135543_1133770.jpg

観客席からグラウンドに投げ込まれたリンゴを
3塁手の水原が早稲田側に投げ返したことを巡って
早稲田応援団が激昂、対する慶應も応戦、
球場には3,000人を超す観客が流れ込み警察出動。
c0135543_11335472.jpg

神宮球場は封鎖されるという緊迫の事態となったのである。

その後、謹慎中の水原さんは
マージャン賭博に関与したとの疑いで野球部を除名させられた。

三原さんはと言えば、学生中に通った食堂に働く女性に惚れぬき
誰にも言わずに結婚した。

これが早稲田野球部生みの親、
飛田穂洲の方針「学生は結婚するべからず」に触れたことで大部のやむなきに至った。

高校から大学、成績、人気度は水原が圧倒しているが
お互いがお互いを意識していたに違いない。

この関係がプロ野球、
二人が同じ巨人に入団したことでもつれにもつれていく。






水原さんは1931年と34年アメリカメジャーリーグの選手たちが来日した時
全日本選抜メンバーとして選出されたほど日本を代表する選手だった。

1936年巨人入団、3塁手として活躍、
最高殊勲選手にも輝く
スター中のスターとはまさしく水原さんの事だった。

しかし、戦争が水原さんをグラウンドから強奪、
1942年応召、敗戦後5年に渡る
過酷なシベリア極寒地で抑留生活を余儀なくされた。

三原さんは水原さんと同じく1936年に巨人に入るが目立った活躍はしていない。

逆にある試合終了後審判に不満を持った三原さんは
バットを片手に審判室に怒鳴り込むという武勇伝で名前を挙げた。

三原さんはこのことで出場停止処分を受けた。

1949年夏の暑い日、超満員の観客を前に
白い麻のスーツを着た水原はさんマウンド上に置かれたマイクの前に立った。
c0135543_11343564.jpg

「皆様、・・・水原ただいま戻ってまいりました。
 本日の盛況を見て感無量であります」。

地鳴りのような歓声が巻き起こった。

水原さんはめくるめくような想いで立っていたに違いない。

そこへユニフォーム姿の一人の男が
歓迎の花束を持って水原さんに差出し、
二人は固い握手を交わした。
c0135543_11355310.jpg

その男は、当時の巨人の監督で
前年にチームを優勝に導いた三原脩その人だった。

「水原が帰ってきた!あの華麗なプレーが見られる!!」
観客ばかりかチームメイトも大きな期待を寄せた。

ところが、水原は試合に出場しないでベンチを暖める日が続いた。

これが大きな誤解を呼び二人の間に亀裂を入れる源となることは
当の二人は夢にも思わなかったことだろう。

長いシベリアの抑留生活で蝕まれた身体を
三原さんは慮って水原さんを試合に出場させなかった。

水原さんもそのことは良く分かっていた、
昔のようなプレーを求められてもとても無理なことを。

ところがチームメイトは三原さんが水原さんに冷たい仕打ちをしていると憤慨、
徐々に三原排斥運動の火の手が高まってきた。

その空気を察した水原さんは当時、このように語っていた。

「前の年に優勝させた監督を代えることはありえないこと」。

ところが球団は何とも玉虫色の決着、
監督に水原、総監督は三原の新体制を発表した。

総監督とは名ばかり、現場指揮の実権は何もない無任所、
懐が深い三原さんだったが辞表提出下野した。

落ち行く先は南の九州、
そこで三原さんは西鉄ライオンズを日本一の野武士球団とし
打倒巨人の爪を研いぎ、貴たるべき日に備えた。
c0135543_1137127.jpg

今でも「巌流島の対決」と語り継がれる1956年からの日本シリーズで
三原さんは3年連続で巨人を破り積年の想いを成就させた。
c0135543_11375811.jpg


c0135543_11383043.jpg

その後、水原さんはパリーグの東映を指揮、
一方の三原さんはセリーグの大洋の監督として共に日本一の座を獲得した。
c0135543_11402421.jpg

水原茂 通算成績1,586勝1,123敗、
三原脩1,687勝、1,453敗、まさに相拮抗した成績を残した。

香川県の高松から始まったライバル関係は
甲子園、東京六大学そしてプロ野球の選手として
監督として50年近くお互いを意識し凌ぎを削った。

水原・三原は野球界における最高の宿命のライバルだった。
c0135543_11412452.jpg

水原と三原の銅像、
二人は今のプロ野球をどのように見ているのだろうか。

水原茂さんはプロ野球史上最高の洒落者、
ダンディな紳士である。
c0135543_1142826.jpg

六大学のスター選手の時は若い女性モテモテ、
その人気は人気映画俳優も凌駕していた。

今でも浅草にある東京で唯一残っている
プロマイド販売の老舗が「マルベル堂」。
c0135543_11425363.jpg

大正末期から昭和初期、
映画、スポーツの人気者のプロマイドは大人気だった。

その中で最高の販売枚数を記録したのが松竹の女優、栗島すみ子、
日本初のアイドル女優「日本の恋人」と憧れの的だった。
c0135543_11434037.jpg

何しろ彼女のプロマイドは毎日2,000~3,000枚、飛ぶように売れたと言う。

その隣で男性部門で一番人気だったのが水原茂さんだった。
c0135543_11451123.jpg

全国の女性が恋い焦がれた男、水原、
あの大女優まで「リンゴ事件」当日の神宮球場で
「水原さーん」と黄色い声援を送っていた。
c0135543_11454342.jpg

彼女の名前は田中絹代、日本映画が誇る真の国際女優である。

後年、水原さんはこう語っている。

「向こうが会いたいって言ってくるのだから・・・こっちも若かったしなー」。

当時、慶應義塾の練習グランドは蒲田に近い武蔵新田。

田中絹代は松竹蒲田の看板女優、
その新居はグランドに近い新丸子にあった。

二人が交際していた事実が明るみに出たのは
水原、田中の逝去後の事だった。

田中絹代の遺品を整理しているときに
引き出しの奥から袱紗に包まれた銀時計が出てきた。

その裏に刻印してある文字は、
「天覧早慶戦記念、水原茂」だった。

1929年11月に行われた天覧早慶戦、
水原さんは見事本塁打を放ち、自軍を勝利に導く立役者となった。

そのとき賜った記念の銀時計が田中絹代の遺品の中から出てきた!
二人の青春時代の淡い恋が偲ばれる。

後に巨人の戦後の黄金時代を率いた水原茂監督。
c0135543_11461235.jpg

後楽園球場の3塁コーチャーズボックス、
ドジャーズ仕込のブロックサインを送る姿の格好の良さ!
c0135543_11465828.jpg

私にとって水原茂さんは真のスポーツマンであり紳士の中の紳士である。
[PR]
by shige_keura | 2017-04-28 11:48 | | Comments(0)
<< 春の北陸路 -1- 出雲~松江~米子~広島~丸亀~... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.