Top
春の北陸路 -6-
  「加賀の国の食文化」

加賀百万石の中心地である金沢の
食文化程度は極めて高い。

今回の訪問で加賀の味を堪能した三つのお店を紹介しよう。

先ずは、「乙女寿司」。
c0135543_93450.jpg

金沢到着した4月12日の正午、その足で向かった場所は
片町スクランブル交差点裏に小体な店を構えている。

ここ2年ほど冬は千取鮨で夜をゆっくりと過ごし、
春或いは初夏に訪問した時は乙女鮨で握ってもらっている。

先ず驚くのは店主の記憶力の良さ、
お客さんの顔は1回見たら絶対に忘れないようである。

とにかく前回にどの席に座っていたかも
正確に把握しているのにはびっくりさせられる。

この日はお昼のお任せコースで
北陸の旬の味を満喫した。

ここの握りは千取と比べ若干柔らかめであるが
すし種は店主の若さもあって
新たな試みがなされているようだ。

千取では絶対に出てこないノド黒を
ひと炙りした握りは脂が程よく乗っていて絶品だった。

お任せ終了して、もう少し追加したいところをぐっと我慢する。

何故なら、夕食に腹具合を合わせておかねばならないからだ。

12日の夕食は金沢郊外、湯涌く温泉手前にある「つばき」。
c0135543_941692.jpg

ここは和菓子の名店「吉はし」のご主人の紹介で
3度目の訪問となる。

3度目と言っても今まで2回は12月、
春に訪れたのは今回が初めてだった。

ここは狩猟の免許を持っている店主の小村さんが
山や渓谷で採取した恵みを振る舞ってくれる。
               (筍と山菜の煮物)
c0135543_910434.jpg

冬は熊、鹿等々の「マタギ料理」、
春はバラエティに富んだ山菜、しし鍋、
夏は鮎、そして秋はキノコと
四季折々、料理の主役が変化していく。
               (川鱒の刺身)              
c0135543_97296.jpg

そして、必ず出るのがすべてのお客が絶賛する濃厚なる胡麻豆腐。
               (山菜各種と胡麻豆腐・右上)
c0135543_96228.jpg

福光屋のぬる燗をちびちび飲りながら、
春の鮮烈な香りにワクワクしながら箸を進め、
最後は濃厚なだし汁のしし鍋をつつく。
               (店内に活けてあった緑桜、花も緑色)
c0135543_983472.jpg

春とは言え、夜になるとまだ肌寒い北陸、
鍋とお酒で暖まり満ち足りた気分となった。

13日の夕食は「雅乃」、
ここも吉橋さんの紹介で今回が初訪問だった。

金沢の老舗料亭銭屋の板長として腕を磨いたご主人が
15年ほど前に独立し犀川べりにお店を出した。
c0135543_912884.jpg

部屋はふたつ、我々一行6名に絶好のカウンター席、
個室同然の優雅な場所、
目の前でご主人が緊張感をもって
包丁を振るう様が見られるのが素晴らしい。
c0135543_9165418.jpg

酒の種類も豊富なのだが
ぬる燗の酒は福光屋の「黒帯」と昨夜と同じ。
c0135543_9174684.jpg

居心地最高、料理も最高に大満足。
c0135543_9182843.jpg

良い気持ちとなって店を出る。
c0135543_9201363.jpg

横丁を曲がろうとしてふと後ろを振り向くと
ご主人はまだ深々と頭を垂れている。
c0135543_921255.jpg

吉橋さん仕込みのお役様への対応、
ほろ酔い気分に犀川の夜桜が妖艶に微笑んでいた。
c0135543_922954.jpg

[PR]
by shige_keura | 2017-05-07 17:31 | | Comments(0)
<< 春の北陸路 -7- 春の北陸路 -5- >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.