Top
アルザス、スイス道中記ー5-(スイスの峠と落石注意)
スイスの面積は九州とほぼ同じ、
だから欧州の中でも小国である。

しかし、その狭い国土の中に
スイスアルプスと呼ばれる
4,000メートル級の山々がそびえている。

アイガー、ユングフラウ、メンヒの
ベルナーオーバーランド三山、
マッターホルン、モンテローザ等々
日本にその名を知られた山が多い。

しかし、スイスを旅行して
常に驚嘆する事は
これだけの山国にもかかわらず
実に道路整備が行き届いている事実である。

1980年代後半
高所恐怖症の私がその断崖絶壁に冷や汗をかき
二度とドライブをしないと誓ったフルカ峠でさえ
今は道幅が広げられかつての面影は無いそうだ。

現在、スイスには名前の通った峠が
フルカ峠を含め53ほど有る。

但し、53の峠が1年中通行できるわけではない。
c0135543_1591190.jpg

(今回、雨中となったサステン峠越え)

11月も過ぎ雪が降り始めるにつれて
不通となる峠が増え
寒い冬の2月には
4-5の峠を除いては
すべてが通行不能となる場合がある。

こうなるとスイスの中での移動は
極めて不便極まり無いものとなってしまう。



一方、今回のような夏場の峠越えのドライブは
スイスの自然の美しさを
心ゆくまで楽しませてくれる。
c0135543_15111740.jpg

紺碧の空を背景に
万年雪を抱きそそり立つ山々、
c0135543_15122134.jpg

山あいからせり出す氷河、
c0135543_15131331.jpg

c0135543_15135472.jpg

c0135543_15143481.jpg

深緑、濃紺・・・・、
様々の表情を見せる湖水の数々、
c0135543_15151333.jpg

カウベルを鳴らし
牧草をはむ、スイス牛、のどかだなー!!!

窓から流れ込む
空気の美味しさときたら!!!!

このように風光明媚なスイスの峠
映画の中でも幾たびか紹介されている。
c0135543_15155533.jpg

中でも印象的な映画は
007シリーズ第3作目、「ゴールドフィンガー」だ。
c0135543_15162549.jpg

敵のゴールドフィンガーの車を追って
ジェームズ・ボンドの愛車アストンマーティンが
アンデルマットのオーべラルプ峠を飛ばしていく。

ところで、話はかわるが、

スイスでは日本の山道でよく見かける
”落石注意”の看板を余り見かけない。

日本でこの看板を見るたびに
何と無責任な注意書きかと思っていた。

何故なら、落ちてくる石に注意しろと言われても
どうしようも出来ないからだ。
c0135543_15171153.jpg

逆に上ばかり見ていて
運転がおろそかになったら
どういう積りかと腹だたしく見ていたものだ。

ところが、”落石注意”の意味を
取り違えていたふしもある。

一説によれば、この注意書きは
”落ちてくる石に注意”ではない。

この山道は落石が多いので
道路上の思わぬところに石が転がっている。

だから、よく前を見て
注意して運転するようにとの意味だという。

うーん!!

確かにこちらの方が現実的なようにも思われるが????
正解は一体どちらなのでしょうか???
[PR]
by shige_keura | 2007-09-25 09:44 | | Comments(0)
<< アルザス、スイス道中記ー6- ... 総理の資質 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.