Top
アルザス、スイス道中記ー6- (聖なる山)
ストラスブルグから南下すると
ほどなくアルザスのワイン街道が始まる。
c0135543_12542346.jpg

最初の町、オベルネを通り過ぎると
鬱蒼とした杉林に囲まれた山道に入る。

右に左に勾配のきつい坂道を15分、
標高730メートルの山頂に
聖女、オディールが初代院長を務めた
堂々たるサン・オディール修道院の姿が目に入ってくる。
c0135543_12545875.jpg

切り立った断崖の上に立つ姿は
修道院というよりか難攻不落の城砦を思わせる。

それもそのはず、この修道院
元はといえば、ホッヘンブルグという名前のお城だったのだ。

それでは、何故、お城が修道院に変わったか??

それには次の、「聖女オディール」の物語がある。



今を去る事、約1300年前、
オディールは山のふもとの町、
オベルネ村の領主アルザス公、アダルリクの娘として生まれた。

跡継ぎが欲しかった領主は
女の赤ちゃんの誕生にがっかりし
更に、この子が先天的に目が見えない事を知ると
家系の恥辱とばかり、殺す事を命じてしまう。

驚いた母親はオディールを密かに
ジュラ地方の修道院にかくまう。

ここで成長した彼女が12歳の時、奇跡は起こる。

オディールの洗礼名を授かっての儀式中
突如、彼女の目は見える様になったのである。

そして、オディールの洗礼名は
「神の光」の意味であった。
c0135543_12554044.jpg

キリスト教徒として一生、
神に身を奉げるとの固い決意に父は折れ
ホッヘンブルグの城を修道院として改築し
オディールはそこの初代院長となった。

以来、目の不自由な人を初めとする
巡礼者の数はひきもきらず
立派な宿泊施設、療養所も完成し
今日に至っているという。

夏の陽を一杯に浴びたアルザスの葡萄畑
まもなく訪れる秋の収穫、
c0135543_1256395.jpg

守護神オディールの像はそれを
優しく見守っているかのようである。
[PR]
by shige_keura | 2007-09-26 22:10 | | Comments(0)
<< 魔物の存在 (巨人対中日、最終戦) アルザス、スイス道中記ー5-(... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.