Top
アルザス、スイス道中記ー9-(思いもよらぬ出会い)
1980年から足掛け16年に渡る欧州での滞在中、
私の趣味がもう一つ増えた。

かつて楽しんだ名画が撮影された
土地を訪ねる事がそれであった。

あるときは、アイルランド西側のガルヴェイ湾、
そこはジョン・フォードの「静かなる男」のロケ地だったり、

又、あるときはシチリア島の小さな田舎町、チェファルー、
「ニューシネマパラダイス」であったりした。

それは、アルザスの
オー・ケーニグスブール(Hout-Koenigsbourg)城を
訪ねた時の事だった。

アルザスに横たわるヴォージュ山脈には
昔から150を越える城砦が点在していた。

それは、この土地が石炭産出を初め、
小麦、ワイン等の豊かな農作物を産み出す
重要な地域であったことを物語っている。
          (ワイン街道から見上げた山頂の城)
c0135543_9311894.jpg

中でも、オー・ケーニグスブール城は
シュトファンベルグ(約800メートル)の山頂に
アルザスの最大の要所を睨むように築かれている。

その要所とは、南北に走る小麦、ワイン街道
東西を貫く銀と塩の街道の交わる所である。
c0135543_9413160.jpg

1147年建造以来
いく度かの紛争を潜り抜けてきたこの城の姿は
今も尚アルザスを睥睨するかのような威厳をたたえている。



急な階段を登って場内に入った瞬間
どこかで見たような光景が目の前に広がった。
c0135543_9424060.jpg

「ここは初めてなのに・・・・・
 これは何処かで見た景色だ????」
c0135543_9435540.jpg

それが何処かはすぐに分った。

何故なら、すぐ横に懐かしき名優
エリッヒ・フォン・シュトロハイムの軍服姿が掲げられていたからだ。
c0135543_9442949.jpg

「そうか!!!!
 ここで”大いなる幻影”の撮影が行われたのか!!!」
          (映画に登場する山頂の城)
c0135543_9453610.jpg

「大いなる幻影」の製作は1937年
巨匠、ジャン・ルノワールの最高傑作と言われている。

この映画が訴えているところは主に二つ、

第一次大戦中のドイツ軍捕虜収容所からの
フランス軍将校の脱走を軸に
庶民が感じている戦争の空しさと
敵味方に分かれながらも心を通わせる
両国貴族階級の男達の悲哀である。

従って、「大いなる幻影」((La Grande Illusion)の持つ意味も二つ、

一つは”戦争は二度と起こらねば良い”ということは
あくまでも幻影に過ぎぬという事。

そして、この戦争によって
欧州の貴族社会が壊されてゆき
自分達が慣れ親しんだ貴族社会が
過去の幻影となっていくことは止められぬということである。

作品の中の一つのハイライトが
ジャン・ギャバン扮するフランス将校が
捕虜収容所から脱走を企てる所だ。
c0135543_9471355.jpg

この脱走を助ける為に
フランスの貴族(ピエール・フレネー演は囮となって行動する。
c0135543_9474910.jpg

その貴族に対し共感を覚えながら
やむなく射殺してしまうのが
ドイツ貴族で収容所長に扮するシュトロハイムである。
c0135543_9483665.jpg

この場面は長い欧州映画史の中でも
屈指の名場面として後世に伝えられている。

実に、この最高の場面の撮影が
このお城で行われたのだ!!!!
c0135543_9494610.jpg

旅の楽しみは幾つもあるが
思いもよらぬ予期せぬ出会い!!!

これも、旅の大きな楽しみである。
[PR]
by shige_keura | 2007-10-04 09:55 | | Comments(0)
<< 下品な番組に高視聴率 奇妙な幕切れ??? >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.