Top
アルザス、スイス道中記ー11-(花に彩られた町)
今回の欧州旅行、
最初に訪れたのがフランスのストラスブルグだった。

8月21日から23日まで
僅か2泊3日の滞在ではあったが
この町の美しさに魅了されてしまった。

先ずは、飛行機が到着した
滑走路脇の野原で
可愛らしい野うさぎが跳ねるのを見て
すっかり嬉しくなってしまった。

そして、町を縦横に走っている運河の流れ
花に彩られた市内、
”Petit France”の名の通り
中世の名残を残した町並み!!!

旅のトップバッターとして選んだ町、
大正解であった。

ストラスブルグは日本語に直すと”道の町”、

中世からの交通の要所として
アルザスの中心都市として栄えてきた。

1988年、世界遺産として登録されたストラスブルグだが、
美しさだけではなく
グーテンベルグが印刷術を発明した所として
産業革命にも貢献している。

又、現在は欧州議会本部の所在地として
政治的にも重要な拠点なのである。

それでは、主に画像にて
この町の魅力を紹介しよう。




先ずはこの町の象徴たる大聖堂。
1176年に着工、完成は1439年と
実に300年の年数を要した。
c0135543_102492.jpg

大聖堂内にある”からくり時計”、1842年に完成、
毎日12時半に動き出す時には多くの人がつめかける。
c0135543_1034976.jpg

”Petit France”、
フランスの中世の町並みが保存され、
アルザス独特の木枠の家並みが美しい。
c0135543_1060100.jpg

c0135543_1063516.jpg

c0135543_107114.jpg

イル川が4本の水路に別れ
市内を縦横に走っている。

ボートで、そして足で歩いて
存分の市内見物。
c0135543_1094564.jpg

c0135543_10103857.jpg

c0135543_10111961.jpg

c0135543_1011537.jpg

c0135543_10123734.jpg


ストラスブルグはフォアグラに代表される”食の町”
c0135543_10143215.jpg

c0135543_1015237.jpg


ならば、昼食からその美味しさを味わおうではないか。
メインディッシュは鴨のロースト、無花果とポレンタ添え
c0135543_10165178.jpg

友人がオーダーしたデザートのフルーツパフェ
c0135543_10175045.jpg

我輩の頼んだクレープのデザート
c0135543_10183852.jpg

ご馳走様でございました!!!
c0135543_10192687.jpg

[PR]
by shige_keura | 2007-10-06 23:57 | | Comments(0)
<< ”あられ”、”おかき”に”おせ... アルザス、スイス道中記ー10-... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.