Top
秋の夜はポトフ
「秋の夜はふけて」は
今は亡き大橋節夫のオハコ、

「秋の夜はポトフーーーー」は
私のオハコならぬ新作。

東京はまだまだ暖かいが
そろそろ鍋物が恋しい季節に入ってきた。

鍋物と言っても和風のものばかりではない。

本日はポトフを作ってみよう。
もっとも”作ってみる”と言うには大袈裟、
単なる煮込み料理であるのだから。

ポトフはフランス語、”Pot-au-feu”と書き
「火にかけた鍋」の意味の家庭料理だ。

鍋を火にかけて煮込むのならば
ここにシチューが登場する。

シチューは英語で、Stew、
Stewingはまさしく煮込むことの意味だ。

ポトフとシチュー、
違いは英語とフランス語の違いなのか???

そうではない、
ここにフランス語でキャセロール(Casserole)が顔を出す。

キャセロールとはフランス語でシチュー鍋の意味、
肉、野菜等の煮込み料理だ。

それではポトフとキャセロールの違いは???
はっきりと把握されている方があれば教えて欲しい。

私の理解では
キャセロールの場合、特に肉の場合
スープにとろみがつく。

一方、ポトフのスープは
さらりとアッサリとしている。

もう1点、キャセロールは
具とスープを一緒に食べるが
ポトフの場合、正式には具とスープは別に盛り付ける。

本日の料理は
スープにとろみをつけていないので
ポトフと呼ばせていただこう。



先ずは下ごしらえ、
c0135543_2052734.jpg

野菜をごろごろと切っていく。
人参、玉ねぎ、
そしてジャガイモは丸のまま。

これで野菜はOK!!??

まてよ、ひとつ忘れていた
冷蔵庫の在庫、キャベツを使わねばならない。
c0135543_20523447.jpg

本日の肉はスペアリブ用の豚肉を使用。
あとは味出しにベーコン。
c0135543_2053449.jpg

肉は塩、胡椒をしたあと
フライパンで焼色をつけ
旨みをとじこめる。

肉を炒めたあとのフライパンで
玉ねぎと人参をいためる。
c0135543_20532612.jpg

玉ねぎはいためたほうが
味にまろみと旨みが出る為、

人参は栄養価としての
カロチンを最大限に引き出させる為だ。
c0135543_20535937.jpg

炒めおわったら
あとは鍋に放り込むだけだが
ジャガイモは煮崩れしやすいので
時間差をもうけ投入する事が肝要。

とろ火でじっくりと煮込んでいく。
台所の方からなんとも良い匂いが漂ってくる。

鍋の蓋を開ける!!!!
うーん、こりゃ旨そうだ!!!!
c0135543_2055476.jpg


あとは盛り付けるだけ。
c0135543_20573010.jpg

本日はポトフなのだから
正式な作法(?)に則り
野菜、肉とスープは別々に盛ろう。
c0135543_20575832.jpg


今日も自分から自分へ”ごち”になったぜ!!!
[PR]
by shige_keura | 2007-10-26 08:59 | | Comments(2)
Commented by スライス荘関係者 at 2007-10-26 11:17 x
ポトフおいしそうでしたが、私には少しカロリーが高そうなので写真で満足しておきます。 そこでお願いですが、ブイヤベースのレシピも機会がありましたらお願いします。
Commented by shige_keura at 2007-11-06 11:35
コメント有難うございました。

そろそろ魚介の美味しい季節です。

我が家では娘達が小さい頃から好んでいる
ブイヤベース風家庭料理があります。

これは、魚介そのものよりも
魚介からでたスープを使って
西洋風雑炊を作るのですが、
これが旨い!!!

邪道とは思うのですが旨いものは旨い!!
近いうちにご紹介できればと思います。
<< もう一品 歴史認識 (日経新聞より) >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.