Top
神様、仏様逝く -2-
稲尾さんのみにしか成し得なかったであろう
”投球術の真髄”とは具体的になんだろうか?

投手は投球し終わったら何処を見るか?

視線は自分の投球したボールを追うか、
又は、捕手のミットを見るだろう。

すこしばかり投手の経験がある私は
投球したボールの行方を追っていたと思う。

ところが、稲尾さんは
普通の投手とはまるで違っていた。

彼は自分のボールが手から離れるや否や
打者の目を直視していたのだ。

彼の考えの根底には
”目がすべてを物語る”がある。

そして、具体的な理由はふたつ。

1.打者が引っ張るか流すかを目を見ることによって見極めて
  いち早く守備体勢を整える。

2.打者が何を狙っているか、何を考えているかを把握する。

これぞ稲尾流投球術の真髄、
まさに”神の投球”と言うより他はないだろう。
  



ところが神様をして
何を考えているか見当がつかぬ打者が現れた。

ほかならぬ長嶋茂雄である。
          (三原、水原宿命の対決)
c0135543_21154027.jpg

1958年、長嶋巨人入団、
その年の日本シリーズで
二人は初めて対決する。

第1戦、初回ランナーを置いて打席に入った長嶋を見て
稲尾は面食らった。

打つ気があるのか無いのか
まるで気配が読み取れないのだ。
          (稲尾のスライダーに喰らいつく長嶋)
c0135543_21164043.jpg

稲尾が投じた外角に逃げるスライダー、
まさか、バットに届かないとの思いをあざ笑うように
長嶋は及び腰でライト線への長打としてしまったのだ。

ここで稲尾は対長嶋用として
乾坤一擲の作戦を決めた。

”ノーサイン”で投げよう!

相手が考えていないのなら
こちらも考えるのはやめよう、の作戦だ。

このままだと
”逆算の投球”とはまるで矛盾する事となるが・・・・・・・・・、

このシリーズ、巨人3連勝のあと
西鉄が盛り返し、2連勝、
運命の第6戦を迎えた。

稲尾好投し、2-0のまま9回裏巨人の攻撃
2死ながら走者1,3塁で打席に長嶋を迎えた。

本塁打が飛び出れば、巨人の逆転サヨナラで
日本シリーズ制覇の劇的な結末となる。

3塁ベンチから監督の三原が出る。

監督の腹は、8分どおり敬遠で固まっていたが
稲尾が珍しく強硬に勝負を主張した。

そして、この勝負の条件として
”逆算の投球”があったのだ。

稲尾の読みはこうだった。

「長嶋はまさか自分が得意としている
 内角近辺に稲尾が投げてくるとは思っていない。

 しかし、彼のことだ万一内角ならばと
 舌なめずりして逆転サヨナラホームランを狙っている。

 それならば、その考えを利用してやろう。

 最初の2球は外角をつき
 長嶋の目を外側に集中させておこう。

 3球目、ここで長嶋が万が一と待っている内懐に
 稲尾が彼自身最も得意としている
 シュートボールを放る。

 長嶋はこれぞいただきと強振するだろう。
 
 しかし、このボールは彼の予想以上に
 ボールひとつ内角に食い込むから
 さしもの長嶋でも詰まるはずだ」

そして1-1後、運命の3球目が
長嶋が待望している内角に入ってきた。

「やった!!」とばかりバット一閃。

ところが、結果は長嶋の思いとは裏腹に
力のないキャッチャーへのファールフライ。
c0135543_2118489.jpg

ゲームセット!!!!!
c0135543_21182897.jpg

稲尾さんはその後、幾たびか
次のような言葉を残している。

「ボールを投げた瞬間
 長嶋の目が歓喜に打ち震えた。

 彼には絶好球に見えたのでしょう。

 私は生涯15,000人ほどの打者と勝負したが
 あれほど歓喜と感動に満ちた目は二度と見ていない」

あの、のるかそるかの場面でも
稲尾さんは冷静に打者の目を観察していたのだ。
[PR]
by shige_keura | 2007-11-15 08:54 | スポーツ | Comments(4)
Commented by enzou at 2007-11-15 12:39 x
素晴らしい文章でした。山際淳二?に迫ります。
稲尾さんは打者の目を、それではレッドソックスの岡島はどこを?
地面?打者の足? 
Commented by shige_keura at 2007-11-15 16:40
コメント有難うございました。
又、過分なるお褒めの言葉を頂戴し恐縮しています。

しかし、岡島の話は笑えましたね、
「球の行方はボールに聞いてくれ」だものね。

ところで、その昔、我がチームのエースは
打者の目を見ていたかは分りませんが
ボールはこっちに飛んできそうな恐怖感がありましたね。

今度、何処見ていたか聞いてみようっと、
Commented by おお at 2007-11-18 22:32 x
テニスでは、やはりボールを見ますね、打った後。エドベリがサーブのとき、打つ前に目を離すのが有名でしたが、良いサーブを打ちました。今度、打ったあと相手の目を見てみよう。できるかな。
Commented by shige_keura at 2007-11-19 12:54
コメント有難うございました。

今度テニスをされる時は是非ともサーブの後相手の目を見て
自分がどちらに動くか判断して下さい。

但し、逆をつかれて足の捻挫等お気をつけくださいませ。
<< 目指すは泉岳寺! (事の起こり) 神様、仏様逝く  -1- >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.