Top
大人の世界と”十番倶楽部”と三木助と・・・
我々の世代の男なら誰しもが
小さい頃、「これが大人の世界か!」と
心の中で叫んだ時があったに違いない。

つい先日、小網神社の”どぶろく祭り”を訪れた時の事だ。
c0135543_20311849.jpg

ついでに立ち寄った、”甘酒横丁”の”草加屋”
そこで、三代目、桂三木助師匠お好みの煎餅を求めた時
昔の在りし日を思い出したのだ。
c0135543_20315216.jpg

その昔、麻布十番に寄席があった!!!

今や知る人は少なくなっているだろうが
”十番倶楽部”と言う寄席の定席があったのだ。
c0135543_20325286.jpg

それは小学校の6年生の頃だったろうか?

父に連れられ初めて寄席に足を踏み入れた時、
「あっ、これこそが大人の世界か!」と、
 胸が高鳴った。



今まで映画館しか知らなかった私にとって
目の前に広がる景色は
まるで異質のものであった。

青畳が広がる大広間、
煙草盆を前に座布団に胡坐をかいた
大人たちがおもいおもいにたむろしている。
c0135543_20333030.jpg

その様子は舞台の落語家の話を
聞いているような聞いていないような
さっぱり分らぬ妙な光景だった。

それも道理で未だ前座の時間帯
熱心に聴くような噺の内容ではなかったからだ。

そのうちに時間が経過して
真打の噺家の登場
場内も徐々に熱気が帯びてくる。

当日、私のお目当ては春風亭柳橋だった。

しかしながら、先ずは印象的だったのが
先代の江戸家猫八だった。
c0135543_20341132.jpg

まだ、彼が新進気鋭のころだったが、
ウグイスの鳴き声から始まって
馬のいななき、蹄の音、
更には鶏が卵を産む場面、

それは子供の私にとって
魔法のなせる業の如く映った。

そして、当日最も腹を抱えて笑い転げたのが
三代目、桂三木助だったのである。
c0135543_2035086.jpg

演目は何であったか?覚えていない、
しかし、三木助が火鉢で焼いた餅を食べる時の
絶妙な仕草は未だにこの眼に焼きついている。

三木助師匠が最も眼に焼きついたのは
至芸の他にスマートな容貌にあった。

他の噺家が典型的日本のお爺さんであったのに対し
三木助師匠はバタ臭い雰囲気を醸し出していた。
c0135543_20352827.jpg

当時、何でもござれの達者な芸で
アメリカは勿論日本でも人気沸騰の
ダニー・ケイをどことなく思わせる風貌をしていた。

その三木助師匠は一時期
酒と博打に溺れて
立ち直るのに大変な苦労をした時代があったという。

だからこそ、彼の十八番は人情噺の”芝浜”、
”芝浜の三木助”との異名をとっていた。

私は残念ながら
師匠の”芝浜”を直に聞く事はかなわなかった。
c0135543_20355531.jpg

今日は三木助師匠縁の煎餅でもかじりながら
落語のCDでも楽しみながら昔を思い出すとしようか。
[PR]
by shige_keura | 2007-12-01 20:38 | | Comments(0)
<< ●(マル)も■(シカク)も”申... どぶろく祭り >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.