Top
ネギトン丼
「ネギトロ丼」の間違いではない。

「ネギトン(豚)丼」である。

丼ものは日本の食文化が作り出した
傑作の一つだと思っている。

何しろ、手っ取り早いのが良い、
にもかかわらず、美味しくて
ボリューム感に満ち溢れている。

「アー、喰った喰った!!!」と
満足一杯、腹一杯となる。

間違っても、丼ものを食べた後
少し足りないから、ラーメンとはなりようがない。

数ある丼もの、

親しまれているものから挙げてみると、
”かつ丼”、”天丼”、”鰻丼”、”親子丼”、”鉄火丼”が
五大老と言った所であろう。

続く、”ステーキ丼”、”牛丼”、”海鮮丼”、
”雉焼丼”、”玉子丼”、”木の葉丼”、開化丼”等が
さしづめ七奉行なのだろう。

さて、ここで問題です。

これら、”丼もの”の中で
共通の食材を二つあげて欲しい????

ひとつは至極簡単だ。

”お米!

”即ち御飯がなければ
丼ものは成立しない。

さて、もうひとつは何か???

これが、意外と易しいようで難しい。

答えは”お醤油”である。

タレ、汁のベースは醤油味であり
鉄火丼のように生醤油を使う丼もある。

いずれにせよ、丼ものとお醤油は
切っても切れない親しい絆で結ばれている。

ところが、本日遂に異端児が登場してくる。

今日、ご紹介する”ネギ豚丼”は
一切醤油を使わないのだ。

醤油を使わぬのがこの丼の”ミソ”である。

と、言っても、ミソを使うわけではなく
塩が命の丼ものである。




用意するものは、
豚肉、ネギ、塩の他、

レモン、酒、胡麻油、粉末チキンスープの素、
黒胡椒に片栗粉だけである。

二人ならば豚肉、200グラム
ネギが1本でもあれば”おんのじ”だ。

手順は次の通り。

先ずは豚の薄切リ肉(ロースでもバラでも良い)を
食べやすい大きさに切り
塩を適当にふっておく。(小さじ1/2程度か?)

次にタレの用意である。

水、酒、スープの素、を適量煮たたせ
片栗粉で若干トロミをつけておく。

フライパンで胡麻油を熱した所に
斜め薄切りしたネギを入れて炒める。

頃合を見計らって引き揚げて
丼に盛った御飯の上にネギを敷きつめる。

続いて、胡麻油を足したフライパンで
豚肉をこんがりと焼き
ネギの上に乗せていく。

その上から、トロミをつけたタレをかけ
黒胡椒をふり、最後にレモンをギュッと絞る。

          (丼と三つの小道具、タレ、レモンと黒胡椒)
c0135543_19572939.jpg

首尾は上々!!!

塩とレモンが効いてさっぱりと
飽きがこない味となった。

          (右側はエノキと加賀蓮根の擂りおろしを入れた味噌汁)
c0135543_19575441.jpg

従来の醤油味の丼ものとは
全く違った趣が新鮮だ。

          (カブの葉と茎を胡麻油で炒めジャコと鰹節をふりかけた一品)
c0135543_19581682.jpg

[PR]
by shige_keura | 2007-12-07 08:54 | | Comments(4)
Commented by 写楽 at 2007-12-07 09:10 x
醤油を使わない丼物に信州伊那地方のソースカツ丼があります。最初はえーっと思いましたが店それぞれの秘伝(?)のウスターソースを使い食べてみると本当に美味いのです。一度お試しあれ!!!
Commented by shige_keura at 2007-12-08 09:12
写楽さん、コメントありがとうございました。

実は、どなたかがソースカツどんを指摘されるのでは?
と思っておりました。

ソースカツどん、その昔、志賀高原にスキーに行ったとき
出てきた丼を見てビックリしました。そして、食べてみて
案外行けたので二度ビックリ。

そして、北陸での生活中、福井の西部がソースカツどんの
故郷であることを知りました。福井市を含め武生、敦賀等
ソースカツどんの店が異常に多いのですね。

敢えて、ソースカツどんを外したのは、些細なようですが
隠し味に絶対醤油を使っていると思ったからです。

何処か美味しい所教えてください、ソースカツどんに限らず。
Commented by 写楽 at 2007-12-10 09:44 x
店それぞれの秘伝のソースにかくし味として醤油を使用している可能性はありますね。
それはそれとして小生のお勧めは伊那市にある「鍋焼城」です。ぐるめのブログには辛口のコメントが書き込まれていますが、ソースと言い豚肉(放牧された豚で猪の肉に近い)と言いいなかなかのものです。
Commented by shige_keura at 2007-12-10 21:18
写楽さんコメントありがとうございました。

「鍋焼城」!!初めて聞きました。

何でも揃っている東京ですが、そういえばソースカツ丼を
食べさせる所は聞いた事ないですね。
<< 画家のモデルは女流画家 賞味期限切れ >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.