Top
鍋の残りの再生料理
ここのところ西高東低、
完全なる冬型気圧配置の毎日だ。

そうなると身体を温めたい、
ならばということで鍋料理登場の機会が増える。

しかし、鍋となるとついつい
二人としては材料が多すぎて
もてあます事となる。

昨夜は牡蠣鍋、
その残りの牡蠣と豆腐が
冷蔵庫に眠っている。

早く起してやらないと腐ってしまう。

しかし、同じ鍋物では芸がないし
鍋にするには量が足りない。

ということで、初めての試み
”牡蠣と豆腐のチリソースもどき”に挑戦してみた。




本来は中華鍋を使う所だろうが
量も少ないのでフライパンを利用する。

先ずはフライパンに水適量、酒を加える。

沸騰したら牡蠣を入れて煮る。

牡蠣の身がプックリしたら頃合だ、
引き揚げて、茹で汁は別に取り分けておく。

今度はフライパンにサラダオイルを入れ
そこにかねて用意の
ネギ、ニンニク、ショウガのみじん切りを入れて炒める。

次に、先ほどの牡蠣の茹で汁を入れ、
更にトマトケチャップ、豆板醤、中華味の素、
お酢、醤油、塩、砂糖を好みで適当に入れる。

煮立った所に、一口大に切った豆腐を投入。

豆腐に味が染込んできた頃
牡蠣を入れる。

そこに水溶き片栗粉で
ほんのチョッピリ”とろみ”をつける。

ここで、最後の工程、
塩、胡椒で味付けた溶き卵を
サーッと掛けまわし”卵とじ”風に仕上げる。
c0135543_23251092.jpg

彩りに刻んだ大葉を散らして完成!!!!

御飯のおかずとして見事な一品となったし
御飯の上にかけて丼風も悪くない。
c0135543_23254536.jpg

「牡蠣と豆腐のチリソース丼」!!

「そんなの邪道だ!!!」

と、言われても旨いものは旨いんだよ。

          (上の画像の奥に映っている謎の物体???
           新潟県は六日町あたりで取れる蕪であります。
           中が鮮やかな赤、漬物にして食べると美味しい)
c0135543_23261932.jpg

[PR]
by shige_keura | 2007-12-14 09:20 | | Comments(0)
<< 陛下の”おまな”にゃ骨がない さらば読売ジャイアンツ >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.