Top
ワインとバゲット
標題とは関係ない話から始めたい。

ゲイリー・クーパーにジャン・ギャバン、
古今東西を代表する二大俳優だ。

故池波正太郎さんは
二人をこう評していた。

「カメラを全く意識せずに
 自然体で演技が出来るのは
 クーパーとギャバンが一番だ」

私は西部劇が映画入門であるので
二人の比較ではクーパーの方に
親しみを感じるし大好きだ。

ただ、この二人の演ずる姿を見ていて
圧倒的にギャバンの方が
上手だと思う場面がある。

それは、食べる演技だ。

これは、ヨーロッパとアメリカ
食文化の歴史と深さから見て
仕方がない事と思われる。

一般的に見ても
欧州映画の食事の場面の方が
アメリカ映画のそれよりも
ずっと洒落ているし、美味しそうである。
c0135543_115474.jpg

ギャバンの食べるシーンで
秀逸だと思ったのが
暗黒街ものの傑作、「現金に手を出すな」である。

この中で、初老のギャングを演ずるギャバンが
しくじりをしでかした
これまた年老いた相棒を
こんこんと諭す場面がある。

説教が終わったあと
食事でもしようや、と
先ずは冷蔵庫から取り出したるは
極上のシャンペン。

あとはフランスパンのバゲットのみ!!

このときギャバンのパンを引きちぎりながら
シャンペンを飲む姿の堂に入ったこと!!!!

うめーなー!!!!!



今年もあとわずか
年越し蕎麦から、お節と
例年通り日本酒が頻繁に
食卓をにぎわす時期となってきた。

であるからには
今夜あたりはワインを飲りたい。

そういえば到来ものの
極上ワイン、ポメロル、グランクリュ1970年物がある。
c0135543_1155342.jpg

この機会に開けてしまえ!!

しかし、食事は何にする????

余程頑張らないとワインに負けてしまう。

と、ここで思い出したのが
ギャバンの「現金に手を出すな」であった。
c0135543_1165066.jpg

そうか!!ここはワインを楽しむのだから
旨いフランスパンとチーズさえあれば良い!!

結局、主役はポメロル1970年、
脇役はご贔屓ヒルサイドパントリーの
2種のバゲット。
c0135543_1172854.jpg

そして、スイスチーズの名品、Tete de Moine
更に、おまけとして缶詰ではあるがフォアグラを付けよう。
c0135543_1175340.jpg

ギャバンの貫禄はまるでなし
ギャバンの演技力には及ばない。

しかし、しかし、なんと旨い食事であったことか!!!
[PR]
by shige_keura | 2007-12-30 11:10 | | Comments(2)
Commented by 田越の和 at 2007-12-30 15:07 x
Keura氏へ一言。
「例年通り日本酒が頻繁に食卓をにぎわす時期となってきた」????
金沢で飲んで、帰ってきて飲みに行って、又、飲んで。
酒飲みにとって食卓をにぎわさない時期は何時なの?
その時期に季節の美味いもの紹介致しましょう。
Commented by shige_keura at 2007-12-30 21:22
田越の和さん、ゴルフのショットよりも的を得たコメント
ありがとうございました。

季節の旨いものの紹介だけではなく、是非ご自慢の
包丁さばきを披露されたし。吾、肴にあわせ数種の
”百薬の長”を持参する。

”百薬の長”が酒ならば、”百害あって一利なし”が煙草。
ならば、毎日お酒を食卓にお招きしない道理は無い!

ところで、金沢はお茶でも有名な所。次回は割り勘で
一緒に行きましょう。結構、お茶は高いんだ???
<< 明日は新年 冬の金沢食べ歩き >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.