Top
二つのニューイヤーコンサート
クラシック音楽は
余り得意ではない。

しかしながら,毎年テレビで楽しみにしている
コンサートある。

1月1日、ウイーンフィルによる
ニューイヤーコンサートだ。

欧州に居た頃は昼の時間、
日本では夜の時間
共にライブにて
コンサートを聴きながら
元日の一時を過すのが心地よい。
c0135543_21171283.jpg

曲目がヨハン・シュトラウスの
ワルツが中心なので
耳慣れていて楽しいし
華やかで、新年の初めに相応しい。
c0135543_21174814.jpg

お馴染みの「美しき青きドナウ」、「ラディツキー行進曲」は
知らず知らずのうちに身体でリズムを取っている。

又、1987年以来恒例となっている
毎年、有名な指揮者が交替で
タクトを振るのも嬉しい。

2002年には小沢征爾も指揮をとったし、
アバト、メッタ、ムーティ等
当代随一の指揮者も熱演を振るった。

そして、演奏会場がこれまた素晴らしい。
c0135543_21154027.jpg

ウイーンの楽友協会、大ホール、
通称、”黄金のホール”である。

更には、合間に映像で紹介される
整然とした白馬による伝統馬術
艶やかなバレー。

総てが、まさにかつての
ハプスブルグ家の栄華を彷彿とさせる。



暮のテレビ、いつも言うとおり
碌なものがない。

しかし、よく探すと
掘り出し物にぶつかって嬉々とする。

今年はご贔屓、東京MXテレビ
大晦日21時半からのニューイヤーコンサートだ。
c0135543_21183724.jpg

あのヘルベルト・フォン・カラヤンが
1987年、最初で最後の
ウィーフィルの指揮をとった演奏が放映される。

既に足元がおぼつかなくなっており
特別な柵まで設けられている中の指揮だった。

しかしながら、その眼光は時として炯炯とし、
背筋のぴんとした姿は皇帝に相応しい。

20年前の録音技術のせいなのだろうか
音までもが荘重に感じられた。

明けて、元日。
c0135543_21192926.jpg

今度はフランス人、ジョルジュ・プレートル指揮の
ニューイヤーコンサートのライブである。

20年前に比べ
会場に和服が目立つ中
カラヤンに比べると軽快な
更に陽気なコンサートであった。

指揮者の資質の違いか??

或いは、時代の流れによるものか??

その辺は、よく分らぬが
今年はなんだか得をしたような気分を味わった。
[PR]
by shige_keura | 2008-01-03 09:29 | | Comments(0)
<< 久方ぶりの屠蘇の味 元日の墓参 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.