Top
和食の間のスパゲッティ
早いもので年が明けて20日過ぎた。

年々、お節料理の姿は少なくなっている我が家だが
この時期、どうしても和系統の料理が多くなる。

更には、新年会等でも
日本酒を飲み交わしながら
和食を知らず知らず食べ過ぎる事が多い。

食べ過ぎ、飲みすぎの年の初め
家での食事は簡単にしたい。

そうかといって、和系統は飽きたので
洋系統で手のかからぬ食事。

こういった場合に
度々顔を出のがスパゲッティだ。




簡単に済ませるのだから
絶対に買い物には行かず
有りあわせの素材でこしらえよう。

運良く、いただいた
瓶入りブラックオリーブペーストがある。

つい最近、日進で買ってきたベーコンがある。

何故、日進(麻布一の橋)で買うか??

旨くて安いからだ。

その理由は、
日進のタイにある工場で作ったものを
日本に逆輸入しているからだ。

即ち、材料費、人件費が安いということだ。

大きな袋入りを買ってきて
小分けにして冷凍しておくと
本日のような場合、すこぶる便利である。
          (ベーコン、アスパラ、大蒜にパルメザンチーズ、これで良し!!)
c0135543_1772323.jpg

冷蔵庫の中には賞味期限ギリギリの
グリーンアスパラがある。
          (大なべにはスパゲッティ、フライパンで具を炒める)
c0135543_1775643.jpg

青森産の大蒜も未だ残っている。
          (大蒜とベーコンの香りが食欲をそそる))
c0135543_1782790.jpg

そして、スパゲッティには欠かせない
パルメザンチーズの塊もある。
          (鍋に移した具にブラックオリーブペーストをたっぷりと)
c0135543_1785625.jpg

これだけあれば、出来たも同然。

取り掛かってから僅か30分
食卓の上には
大蒜とブラックオリーブの効いた
特製スパゲッティが登場した。
          (これにチーズをかければ完成!!)
c0135543_1710144.jpg

嘘偽りなく
そんじょそこらのイタリアンレストランに
負けず劣らずの味だった。
          (よしよし、あとは食べるだけ!!)
c0135543_17102459.jpg

[PR]
by shige_keura | 2008-01-21 10:12 | | Comments(0)
<< 月夜に釜をぬく 思い出のプロ野球選手たち -3- >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.