Top
個性派ゴルファーのウイット
海の向こう、アメリカPGA、
今年もタイガー・ウッズが
圧倒的な強さを発揮している。

彼の強さは仕方が無いとして
最近のゴルファー、
個性派が居なくなったことに寂しさを感じる。

その昔は、
リー・トレビノをはじめ
ダグ・サンダーズ、ヒュバート・グリーン、

最近ではペイン・スチュアート等の
個性派がファンを楽しませてくれた。

しかし、歴史上最高のショウマンは
プエルトリコのチチ・ロドリゲスに止めをさす。

彼はレギュラーPGAを8回制し
シニアPGAを22回も勝っている名ゴルファーだ。

又、パットを決めた後
パターを刀のように鮮やかに振り回す
いわゆる”ツルギの舞”でも有名だ。
c0135543_15402271.jpg

更に、彼はウイットに富んだ
言動でもプロゴルフ界随一の男だ。

「この世には下手でも
 楽しめるものが二つある、
 それはゴルフとセックスだ」

「多くのアマチュアにとって
 バッグの中にある最も得意なウッド、
 それは鉛筆だ」

いずれも彼の残した言葉である。




昔々の或る日、
チチが友達のアマチュアゴルファーと
とあるリンクスでラウンドしていた時の話だ。

相手はアマチュアとはいえハンデゼロ!!
相当なる腕前のプレーヤーだ。

その日も二人は仲良くラウンドして
18番、最終ホールに来た時
チチは友達に言った。

「どうだい、このホールで賭けをしないか?
 2ストロークハンデをあげるから・・・、
 但し、一つ条件がある。
 俺にワンスローさせてくれ」

つまり、チチに1回だけ
クラブの換わりに手を使わせてくれと言う事だ。

2打差のハンデなら
相手がチチだってどうってことはない、
たとえ彼に1回手を使わせてもだ。

海沿いの18番、真っ直ぐのパー4、
距離も手頃、
二人は楽々ピンそばにツーオン。

アマチュアはこれでいただき!!
グリーンに近づきながらニコッとほくそ笑んだ。

チチはというと
何故か悠然と悪戯っぽい顔をしている。

アマチュアは嫌な予感がした。

グリーンに上がったチチは
スタスタとアマチュアのボールに歩み寄り
拾い上げると脇の海に放り込んでしまった。

唖然とするアマチュア。

チチは「何も自分のボールを投げるとは言わなかったぜ」
と片目をつぶった。
c0135543_15412392.jpg

まさにチチならでは、面目躍如である。

しかし、チチの年を聞いて驚いた。

なんと、未だ73歳!!!

食い入るように
チチの”ツルギの舞”を見入ってた頃
彼は未だ20代後半だったのだ。

凄い貫禄だったなー!!!

尚、今日のブログは
山際淳司氏の
「ダブルボギークラブへようこそ」を
一部引用しました。
[PR]
by shige_keura | 2008-02-01 08:58 | スポーツ | Comments(0)
<< 雪の日の豆撒き ”つなぎ法案”のあとは”ツナギ... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.