Top
思い出のプロ野球選手 -8-
昭和37年高校を中退した一人の投手が
パリーグの東映フライヤーズに入団した。

オープン戦ながら巨人戦に登板した彼は
長嶋茂雄を4球で三振にしとめた。

昭和37年といえば長嶋入団5年目。

絶頂期を迎えた長嶋が
三振を喫した後
「ともかく速いよ!」とぼやいたあたりに
新人投手の凄さが見て取れる。
c0135543_15185678.jpg

彼の名前は尾崎行雄
前年の夏、高校2年の時に
柴田を擁する法政二校を下し
浪華商業を全国制覇に導いた。

昭和37年4月7日
パリーグ公式戦開幕。

その3日後の朝刊の見出しに
「17歳の恐るべき笑顔」の記事が躍った。



それは東映対大毎の公式戦第2戦が
神宮球場で行われた時のことだった。

つめかけた観客6万!!

そのボルテージが最高潮に達したのが
延長10回の表大毎の攻撃のときだった。

この試合大毎が3点を先制するが
東映もジリジリと追い上げ
9回の裏で同点に追いつき
延長戦へと突入した。

ここで、水原監督がマウンドに送りだしたのが
17歳の新人、尾崎行雄だったのである。
c0135543_15195496.jpg

当時の大毎打線はミサイル打線の異名の如く
強力な打撃を売り物としていた。

先頭の2番葛城が快速球に押され
力のないピッチャーゴロに討ち取られた。

続く3番は榎本喜八、
打撃の神様川上が絶賛した好打者だ。

ところが、バットに当てる上手さならば
右に出る者がいない榎本が三振!!

更に、大毎の4番というか
パリーグの顔とも言うべき山内までもが
手も足も出ずに三振に切ってとられた。
             (満員の神宮、山内に対する新人尾崎)
c0135543_1520345.jpg

球場は一瞬静まり返ったあと
万雷の拍手と声援で包まれたていった。

この場面、尾崎は総て
直球で押したという。

試合後のコメントで
関係者はまたまた驚く事となる。

「あんな速い球見たことが無い」
山内は憮然とした表情で
一言語っただけだった。

一方、勝利投手となった尾崎は
17歳、少年の面影が残る笑顔でケロリと言った。
c0135543_15215019.jpg

「あのタマは打てるはずがないと思ってました」

この言葉と表情が
あくる日の朝刊記事
「17歳の恐るべき笑顔」につながっていくのである。

当時の尾崎のスピードはどのくらいか??

後年、ビデオの投球を解析して割りだした所
推定159キロは出ていたとの結果となった。

当時の高校野球
東の柴田と西の尾崎の対決が
満天下の野球ファンを熱狂させた。

そして、尾崎自身も柴田に対しては
異常なほどのライバル心を持っていた。

尾崎がプロ入りするに際し
阪急ブレーブスが
東映の倍以上の条件を提示した。

しかしながら尾崎は東映を選んだ。

その理由はただひとつ、
東映の方がパーリーグで優勝の可能性が高いこと。

そして優勝すれば日本シリーズで
巨人に入団した柴田と投げ合う事ができるからだった。

ところが、昭和37年のセリーグは阪神が優勝、
更に柴田は打者に転向していった。

従って、尾崎、柴田のプロでの投げ合いは
永遠の夢とついえたのである。

彼等2人は私と丁度同年代
テレビとは言え、リアルタイムで
息詰まる投げ合いを堪能できたのは幸せである。
[PR]
by shige_keura | 2008-03-12 22:14 | スポーツ | Comments(0)
<< スーパールーキー 北京五輪マラソン代表決定 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.