Top
メジナ奮戦記
”メジナ”はスズキ科の白身魚。

メジナが広く知られるようになったのは1960年代
愛媛県の西海の釣師から全国に広まった。

それは、引きの強さが
磯釣り愛好家には堪えられなかった為と
勿論、食べて美味しい魚だったことだ。

特に冬場のメジナは
脂が乗って非常に美味しい。

刺身をはじめ
塩焼き、煮魚、唐揚げ
なんでもござれである。

名前の由来を調べてみると
本来は”目近魚”と書かれていた。

その訳は、目が吻に近いから
”めじかな”と言っていたものが
いつの間にか”めじな”と変わった。

漢字では”目仁奈”
あるいは”眼仁奈”と書くそうだ。

3月某日、夕刻過ぎ電話が鳴った。

「今、伊豆なんだ、
 形の良いメジナが釣れたよ!
 明日でも取りに来ないか」

釣りの大好きな先輩からだ。
先日もカワハギでお世話になったばかりである。

然るに明日は都合が悪い
しかし、新鮮なメジナは食べたい、
さー、どうする、どうする??

結果は先輩が帰京する頃を見計らって
深夜に車を走らせる事となった。

こうして、我が目の前には
30センチは優にある
新鮮なるメジナが
お好きなように料理してくれと鎮座している。



関西方面では
メジナのことをグレと言う。

グレとは”黒”を表す古語であって
確かに目の前のメジナは
身体一面、墨汁を被ったかのようである。
c0135543_032261.jpg

堅牢な鎧の如き鱗を剥がし
ハラワタを取り出す。

鱗は硬くハラワタは臭い!
ここが最も辛い工程である。
c0135543_045369.jpg

半身を刺身とするが
皮をつけたまま強火で炙る。
c0135543_054741.jpg

鰹の土佐作りの要領だ。
c0135543_061596.jpg

コンガリと焼けた皮
コリコリとした身
そのコンビネーションが絶妙となる。

落とした頭は
牛蒡をたっぷりと使った煮付けとした。
c0135543_064769.jpg

もうひとつの半身は塩焼きだ。
c0135543_071346.jpg

こうしてその日は
豪勢なメジナ食べ放題の夕食を迎えた。
c0135543_074386.jpg

ゴチ、ゴチ!!、満足、満足!!!
[PR]
by shige_keura | 2008-03-14 09:09 | | Comments(2)
Commented by チンジャラ at 2008-03-14 22:19 x
ごぼうの煮付けというのは初めてですが、どんな味付けですか。 大体想像はつくけど。 下処理はしましたか?  ごぼうだとした処理は不要かな、生姜はいれました? 一寸興味あります。
Commented by shige_keura at 2008-03-16 00:09
元祖チンジャラさんコメント有難うございました。

我が家に残っている新牛蒡を見た途端、何となく閃いてやってみました。
牛蒡の食感を楽しむ為に余り細くは切りませんでした。

仰るとおり生姜も入れてみました。味付けはいつも同様適当で
味醂、酒、醤油、で砂糖は入れませんでした。

肝心のお味のほうですが家内からも好評!娘にも知らせた所
早速取り入れて美味しかったと言っておりました。
<< 思い出の場所 スーパールーキー >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.