Top
思い出の場所
3月15日、土曜日の朝8時過ぎ
私は北鎌倉から逗子の従弟の家に向かう所だった。
c0135543_112799.jpg

その行動目的は
別の機会に紹介するが
逗子に行く前にどうしても
確かめたい場所があった。
c0135543_1125865.jpg

人は誰でも幼い頃の思い出で
何故かは分らぬが
未だに鮮明に心に残っている
場面を持っている筈だ。

私の場合、その思い出の場所のひとつが
この北鎌倉駅のそばにある。
c0135543_1133547.jpg





下のセピア色の画像は
今から55年以上も前に
父が写してくれたものだ。
c0135543_1142385.jpg

母に手をつながれ
電車に見入っている子供が
恥ずかしながら当時6歳の私だ。

その頃、我が家は逗子にあったものだから
休日ともなると両親と一緒に
鎌倉方面に出かけたものだった。
c0135543_1145567.jpg

この時は初夏の一日
北鎌倉を散策した後
円覚寺前の踏み切りで
横須賀線が通り過ぎるのを
見守った時のものである。

横須賀線の車体色が
人気のあった通称”スカ色”前の
古びた茶色である辺りに
時代の隔たりが窺える。
               (横須賀線といえばこの色だ!!
                ”スカ色”、逗子葉山、砂浜のクリーム色、
                そして海の青!!!)
c0135543_1154997.jpg

当時は横須賀線も本数が少なく
このように間近で走る電車を見る機会が少なかった為
私が興味深げに電車に見入る姿を
写真が良く物語っている。
c0135543_1181388.jpg

あれから、半世紀以上経つものの
幸いなるかなこの踏み切りは
往時の様子をそのままに残していてくれた。
c0135543_118407.jpg

そして、あの時もここから
逗子に向かった北鎌倉駅のプラットフォーム、
違いは長くなっただけで
それ以外は昔と殆ど変わらない。
c0135543_1191536.jpg

フォームのベンチに腰を下ろす。

昨夜の暴風雨も過ぎ去り
うららかな陽の光が差し込んでいる。

たった一つの小さな踏切によって
遠い昔の思い出が
次々と蘇る春の朝となった。

そろそろ逗子に向う
電車が来る頃だ。
c0135543_1194343.jpg

[PR]
by shige_keura | 2008-03-16 11:27 | | Comments(0)
<< お花見 メジナ奮戦記 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.