Top
お花見
”梅見”とは言うが
”桜見”とは云わない。

”お花見”と言えば
普通は桜の花を意味する。

それほど桜は
我が国で人気絶大であり
一般的に国花と考えられている。

今年も新聞、テレビ等で
桜の開花時期が盛んに報道される時期となった。

昔は桜と言えば
ソメイヨシノが代名詞であり
あとは、山桜とか八重桜といった
一般的な表現をしていたように思う。

それが今では”大島桜”、
河津桜、薄墨桜等々
様々な桜が出てきている。

それでは”桜”とは何だろう?

”桜”とは硬い表現で言えば
バラ科のサクラ属のうち
ウメ、モモ、アンズ、を除いた花の総称だ。

細かく分類すれば
日本だけでも300種類近くのサクラが
各地で我々の目を楽しませてくれる。



さて、家内の実家には
見事な寒緋桜の大樹があり
毎年、名前の通り
色鮮やかな緋色の花を咲かせている。
c0135543_1824758.jpg

今年は急に暖かくなり
ボヤボヤしていると時期を逸する。
c0135543_17571250.jpg

と、言うわけで
思い立ったが吉日!
暖かな日曜日、”お花見”に出かけた。
c0135543_17574868.jpg

沖縄では桜というと
一般的にこの寒緋桜の事を言い、
通常1月に開花を迎えるので
日本で最も早く咲く桜となる。
c0135543_17583017.jpg

これが九州南部では
旧暦のお正月に咲くので
別名元日桜と呼ばれている。
c0135543_17585685.jpg

現在、早咲桜で人気のある河津桜は
この寒緋桜と大島桜を掛け合わせてできたものだ。

すなわち、寒緋桜は
河津桜の片親である。

青空に艶やかな緋色が映えて
春爛漫ここにありの風情である。

少しばかり枝を頂戴して
花瓶に活けてみる。
c0135543_17592715.jpg

すると緋色がますます深くなり
妖艶とした趣が出てくる。
c0135543_180096.jpg

これで暫くは自宅でも
”お花見”を楽しむ事ができる。
[PR]
by shige_keura | 2008-03-17 08:53 | | Comments(0)
<< 春爛漫の大宴会 -遅昼の部ー 思い出の場所 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.