Top
春爛漫の大宴会 -遅昼の部ー
c0135543_16145954.jpg

前を行く男、
私の従弟にして
人呼んで”逗子葉山の必殺料理人”である。

彼はゴルフの腕も相当な使い手だが
今の足取りはフェアウエー上よりも
格段と自信に満ち溢れているように見える。

今日は彼の華麗なる包丁捌きに
生み出される新鮮な魚料理を
思い切り楽しむ趣向なのである。
c0135543_161646.jpg

彼の抱えたアイスボックスの中には
ここ、佐島漁港で揚がったばかりの魚が
ギッシリと詰まっている。
c0135543_1616548.jpg

その獲物は、
アジ、カワハギ、太刀魚、カサゴ、
マルイカ、スルメイカの数々だ。
c0135543_16172447.jpg

サー、これでよし!
出発だ。
c0135543_1617592.jpg

逗子から鎌倉の雑踏を抜けて
走る事、約30分、
北鎌倉の娘夫婦の家に集まったるは
孫を含めて10名。
c0135543_1618455.jpg

今や遅しと
仕事人の名人芸を待ちわびている。

さて、どんな料理が出てくるか???

それは見てのお楽しみだ!




午後3時近く
最初の料理が出来上がった。
c0135543_1621124.jpg

先ずは、”アジと生野菜の中華風サラダ”。
c0135543_16214019.jpg

用意した野菜類を皿に盛っていく。
繊切りにした大根、人参のほかは
食べやすい大きさにちぎった
サニーレタス、水菜、貝割れの類だ。
c0135543_1622121.jpg

アジの刺身を野菜の上に並べたら
その上に、砕いたアーモンド、カシューナッツ
最後にコーンフレークスをドバッとふりかける。
c0135543_16223718.jpg

タレは醤油、お酢、砂糖、お酒
そして胡麻油を好みであわせて作る。

新鮮なアジの刺身、
シャキシャキした野菜の食感と
ナッツとタレの風味が
微妙に混ざり合っていくらでも食べられそうだ。

次なるは、料理人の十八番
”カワハギの肝和え”だ。
c0135543_16253912.jpg

この料理のポイントは
勿論の事、カワハギの新鮮なる肝にある。

しかしながら、難しいのは
買ったカワハギが満足すべき
胆を持っているかどうか???

それは腹を開けるまで分らない。

人間だって
外見からは腹の内まで読めないのと同じだ。

今日も4尾の中の1尾からは
期待に反した肝が出てきて
使い物にならなかった。
              (左側の小さな肝は色も変わっており
               残念ながら使いものにならなかった)
c0135543_16263793.jpg

しかし案ずるな!
十分なる肝が残りの3尾から検出された。
c0135543_1627854.jpg

胆をすり鉢ですりおろし
お酒、醤油に山葵を加える。
c0135543_16275136.jpg

いつもながらの
濃厚な肝タレと刺身のコンビネーション!
c0135543_16282759.jpg

生きているカワハギを締めたものでしかなしえない
えもいわれぬ味わいである。

”肝和え”比較の為に
次なる料理が登場する。

本日の特別企画だ!

それは、マルイカのスルメイカの肝和えである。

マルイカの身は上品な甘みもあって
抜群なる美味しさであるが
惜しむらくは胆を持っていない。
             (左、マルイカ、右、スルメイカ)
c0135543_16304087.jpg

一方、スルメイカの味はマルには及ばぬが
大きな胆を持っている。
             (スルメイカの肝、綺麗な色!!)
c0135543_16314615.jpg

そこで、贅沢なるかな、
マルイカのスルメイカ肝和えの登場だ。

スルメの肝タレは
カワハギほどに調味料を使わない。
c0135543_16325533.jpg

ほんの少しの醤油とお酒
あとは肝本来の味に任せる。
c0135543_1633271.jpg

カワハギの肝和えが繊細、上品ならば
イカの肝和えは野趣に富んだ漁師の味だ。
c0135543_16335590.jpg

どちらも旨い!!!

春の陽が漸く西に傾くが
豪華な料理の宴は
これからが佳境である。

続きは明日、
[PR]
by shige_keura | 2008-03-18 10:03 | | Comments(0)
<< 春爛漫の大宴会 -夜の部ー お花見 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.