Top
ハイエナは紳士だった
3月24日、一人の性格俳優がこの世を去った。

彼の名前は、リチャード・ウィドマーク
享年、93歳だった。

”ハイエナ”とは彼のニックネーム。

デビュー作品,「死の接吻」にて
変質的な殺し屋を演じた時、
彼の発する、ゾッとするような高笑いが
ハイエナを思わせることから名づけられた。
c0135543_21191227.jpg

加えて、薄気味の悪い灰色の目、
冷酷に歪んだ口元、
いきなりアカデミー賞にノミネートされた彼は
ハリウッドきっての悪役の地位をほしいままにした。

この事が彼を悩ませる事となった。

何故ならば、愛娘が学校で
父親が極悪非道な悪役であることに
強いイジメにあったのだった。

そのため、彼は1950年
「暗黒の恐怖」にて正義の主人公を演じた。

このとき困ったのは映画会社である。

ウィドマークよりも怖そうな悪役が
なかなか見つからなかったからだ。

何人ものテストを経て
最後にたどり着いたのが
ジャック・パランスだった。

彼は後に名作西部劇、「シェーン」で
黒手袋の不気味な殺し屋を演じたのは
ご承知の通りである。



リチャード・ウィドマークは
その後、善玉、悪玉共に演ずる事が出来る
貴重な俳優として成長する。
c0135543_21434214.jpg

傑作西部劇を次々と世に送り出した
ジョン・フォードが晩年、ウィドマークを気に入り
「馬上の二人」、「シャイアン」に主演で起用した。

しかしながら、彼の真骨頂は
やはり悪役の時に発揮される。

中でもジョン・スタージェスの西部劇
「ゴーストタウンの決闘」での
悪役ぶりが印象に深い。
c0135543_164040.jpg

最後の最後に
主人公のロバート・テーラーに倒されるのだが
全編の殆どがウィドマークの映画と言って良い。
             (ウィドマーク得意の表情、
              小馬鹿にした冷笑と歪んだ口元)
c0135543_1643251.jpg

ところが、このハイエナ・ウィドマーク
実は大変立派な紳士であった。

1942年脚本家、ジーン・ヘイズウッドと結婚
終生仲の良い夫婦で生涯を全うした。

又、二人の間に出来た愛娘は
後に当時ドジャースの大エースであった
サンデー・コーファックスの妻となった。

いずれにせよ、これで
ハリウッドからまた一人
昔の映画の香りを漂わせる
性格俳優が姿を消した。

リチャード・ウィドマーク、
ジャック・パランスそして
ヘンリー・シルバー、

この3人が私のなかで、
極悪非道の悪役ベストスリーである。
[PR]
by shige_keura | 2008-04-02 08:53 | | Comments(0)
<< 老盗は凶悪化し老人は暴走する 開幕雑感 (気分は花冷え) >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.