Top
思い出のプロ野球選手 -11-
戦後のプロ野球、
多くの名選手の中にあって
今日の主人公の打撃フォームは
一頭地を抜いていた。

インパクト時、身体のブレの無さ、
腰のひねり、両の手の伸び、
それは比類なき美しさと言って良いだろう。
c0135543_14524814.jpg

榎本喜八さんはミスターベースボール、長嶋と同じ
昭和11年に生まれた。

プロ入団後も長嶋と同じ背番号3を着け
彼よりも1年長く現役として活躍した。

二人の成績はよく似ている。

          長嶋茂雄      榎本喜八
在籍年数       17          18
試合       2,186        2,222
打数       8,094        7,763
安打       2,471        2,314
打率       0.305        0.298

成績は似ていても、
まるで対照的な二人だった。

単純明快、派手で陽気が
ジャイアンツの3番ならば、
複雑にして地味で陰気なのが
オリオンズの3番、榎本喜八だった。

長嶋さんが野球をゲームと考えたのに対し
榎本さんは”道”と位置づけた。

余りにも野球を難しく考え
それを極めようとした所に
榎本さんの理解しにくい所があったと思うし
だからこそ、そこに本人の苦しみがあったのではないか。
c0135543_14535832.jpg




「神の域に行かせて貰いました」

これは本当に彼が言った言葉である。

時は1963年7月から約1ヶ月間
足を捻挫するまで
彼のバットはヒットを量産した。

打率は優に4割を超えたときに
発した言葉だった。

榎本さんとしては
打撃の奥義を極めた
歓びからであろうが
聞く方としては耳を疑う言葉だろう。

ただ、打撃の神様と言われた
川上哲治さんが、当時こう言った。

「私が神様???冗談じゃない。
 打撃の神様は榎本しかいない、
 彼の技術は名人芸、
 長嶋と言えども遥かに及ばない」

次は同じ、早実の先輩で
榎本と王を育てた
荒川博さんの言葉である。

「二人の打撃術のレベル??
 それは榎本の方がずっと上だ。

 王は1本足転向の時の
 猛練習が伝えられているが
 榎本の練習量はその比じゃない」

打撃の奥行を天性の野球感と
豊富な練習量で極めた榎本さん。

彼は静かなる剣豪の如し、
己の尺度をきちんと持っていた。

ある試合、カウントはツーストライク
3球目は外角の際どい球!!

バットは微動だにしない。

一瞬間があって
審判の手が上がった。

ベンチに引き返した榎本さん、
淡々と口を開いた。

「3球目は外側に3センチ外れていたね」

戦後のプロ野球
バランスの取れた最高の投手が
稲尾和久さんだと思う。

相手の目を見つめ
心を読みながら細心の投球を心がける稲尾さん。

その彼をして読めぬ打者が二人、
長嶋さんと榎本さんだった。

ただ、読めぬ二人だが
何故読めぬかには違いがあった。

長嶋の場合は
単にボーっと立っているだけで
こちらの顔を見ようともしない。

しかし、榎本の場合は違った。

稲尾さん曰く、
「榎本さんはどうも
 私の額、眉間を見ていたような気配がしました。
 どうしてなのかは分らないが
 目と目はぶつからない。

 その精か?どうも私には
 やりにくい相手だったですね、榎本さんは」

このとき榎本さんは
何を考えていたか???

「私は稲尾さんをなるべく
 遠くに見ようとしていました。
 あれだけの投手が近くに見えたら
 もう打つチャンスは殆どありません。

 だから、打席に入ったら
 先ずは自分の右足つま先に目を落とします。

 その視線を徐々にグランドに伸ばし
 その先が稲尾さんの足元に届いたら
 こんどは上に移していきます。

 最後に稲尾さんの顔が入ってきますが
 なるべくあの目は見ないようにしていました。

 だって、あの人と目を合わせたら
 総て読まれてしまうような感じがしましたからね」

実に名だたる剣豪同士の立会いの如しだ。

この二人、
稲尾さんは「榎本さんにはいつも打たれてばっかり」とぼやけば
榎本さんは「稲尾さんを打ち込んだことが無い」という。

最後に野球狂にとって
解き明かしたい事が一つ有る。

それは稲尾さんが
榎本さん以外の打者には
封印していた球種が有るという。

フォークボール??!!!

確かに稲尾さんのフォークボールは
聞いたことが無い。

山内にも野村にも張本にも
投げなかったフォークボール。

それは榎本さんのフォームを崩す為の
特別なボールだったと言う。
              (新人の頃の榎本、4番山内と共に)
c0135543_14544436.jpg

真相はいかに???
[PR]
by shige_keura | 2008-04-24 09:07 | スポーツ | Comments(2)
Commented by yukke at 2013-09-27 03:21 x
榎本と長嶋の成績について、よく似ている、とは言えないと思います。
現役年数、打数が同じくらいですから、比較にはうってつけですが、同数くらいの安打数、打率だけを取り出して、似ている、というのは公平性に欠けるかと思います。打点、本塁打の成績が違います。また獲得タイトル数も。
Commented by yukke at 2013-09-27 03:21 x
榎本と長嶋の成績について、よく似ている、とは言えないと思います。
現役年数、打数が同じくらいですから、比較にはうってつけですが、同数くらいの安打数、打率だけを取り出して、似ている、というのは公平性に欠けるかと思います。打点、本塁打の成績が違います。また獲得タイトル数も。
<< アルカイダと自衛隊、もし戦えば??? 春宵、シャンパン、イタリア料理 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.