Top
浮き立つ宵宮
「祭りは宵宮が良い」

これは2週間ほど前の日経コラムに
安藤鶴夫氏の言葉の引用として紹介されていたものだ。

”宵宮”とは厳密には祭りの前日の儀式だが
今では祭りの前の日のことを意味している。

即ち、氏が言いたかったことは、

”祭りとか楽しみは
 始まる前の浮き立つ気持ちが良いのであって
 始まってしまえば、
 あとは、終わりに向ってまっしぐら”
ということである。
c0135543_18145361.jpg

確かに町内会の祭りをとっても
前夜の華やいだ気分がなんともいえない。

祭りの為にしつらえた
町内の詰め所には
早くも清酒の瓶が並んでいる。

いつもは何処にいるのだか
とんと目立たぬ老人たちが
この日に限っては
別人の如く引き締まった顔をしている。

そして、その眼は
少年のように輝いている。

”未だ若い者なんかにゃ・・・”と、
その瞳は語っている。

このような爺様は
その昔はきっと
遠足でも運動会でも
その前夜は気持ちが高ぶって
なかなか寝付けなかったに違いない。






さて、競馬最大のお祭り、
”日本ダービー”がいよいよ
今度の日曜日に行われる。
c0135543_1816236.jpg

そして、競馬の場合も
大レースほど
ファンファーレが鳴って
ゲートが開くまでが楽しい。

今年の3歳クラシック路線は
牝も牡も大混戦!!

レースごとに
勝ち馬がめまぐるしく変わっている。

こういう時には
昨年のクラシックで
お世話になった騎手に礼を尽くそうかな?

その名は四位弘文、
ウォッカでダービー、
アサクサキングスで菊花賞、
テレビの前の私を良い気分にさせてくれた騎手だ。

玄人好みの四位騎手の乗る
ディープスカイ中心に
あとは、穴っぽいところに
流してみようかな????

しかし、2年連続ダービー制覇!
そんなことあるだろうか?

マイネルチャールズも堅実だし
武豊のブラックシェルは?
ダートの王者サクセスブロッケン、
揚げると枚挙にいとまがない。

このように、ああでもない、こうでもないと
推理しているうちが楽しい競馬である。

ファンファーレが高鳴りゲートが開く
18頭が生涯唯一のチャンス
ダービー馬を目指し
府中のターフに躍る。
c0135543_18164872.jpg

レースが終わり
ただ1頭、ウイニングロードを
凱旋してくる馬は???
c0135543_1817293.jpg

そのときの大歓声は
強き馬への納得のものか?

或いは伏兵に対する
意外のドヨメキによるものか?

結果はいずれにせよ
日曜日の午後4時前には判明する。
[PR]
by shige_keura | 2008-05-29 09:11 | スポーツ | Comments(0)
<< この”くき”何の”くき”?、 ... テレビが面白かった頃 (一家揃... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.