Top
この”くき”何の”くき”?、 気になる”くき”?・・・・
下の画像、長さは40センチほどだろうか、
植物の茎である。
c0135543_1811587.jpg

普通の茎は緑一色が多いが
これは綺麗な赤に染まりつつある。

この植物は、未だ日本にはなじみが浅いので
名前を言っても
「何、それ?」と思う方もおられるだろう。

名前をルーバーブ(Rhubarb)と言い、
チベット、シベリア原産の多年草。

私が、この植物を初めて知ったのは
オランダで暮らしている時だ。

丁度、今頃はオランダのスーパーに
山のように積まれていた。

オランダ以外でも
例えばイギリス辺りでは
自宅の庭で栽培している家庭が多い。
c0135543_1821337.jpg

ルーバーブは酸味と繊維を多く有する
健康食材。

姿かたちは日本でお馴染みの
フキをごつくした様なものだ。

但し、食べ方は全く違う。

欧州の家庭では
自家製のジャムにして
パンにつけたり
ヨーグルトと一緒に
楽しむ場合が多い。
c0135543_183560.jpg

又、ルーバーブは
”Pie Plant”とも呼ばれているように
パイとして食べると、とても美味しい。

日本ではとんと見かけなかったルーバーブだが
最近は渋谷のフードショーで
見かけるようになった。

明日は、月例の”てなぐさみ”、麻雀デーだ。

ならば、今が旬である
ルーバーブパイでも作っていこう。






本当はオランダ産の方が
色鮮やかで酸味もより爽やかなのだが
今回は長野産のものしか手に入らなかった。
c0135543_1835155.jpg

一本、僅か300円足らず!!
安いね!!!

先ずは、ルーバーブを
3センチほどの長さに切り揃える。

カップに2.5杯分ほど在れば
5,6人で食べるには十分である。

鍋に入れ、1カップの砂糖と
大さじ1杯のレモン汁を加え
コトコトと煮る。
c0135543_1844384.jpg

焦がさぬように注意しながら
その間に、パイの下敷きとなる
コーンフレークスを砕く作業を行う。
c0135543_1851464.jpg

ルーバーブがトロリとしてきたら
大さじ2杯弱のゼラチンを入れる。
c0135543_1864637.jpg

一方、カップ1パイの生クリームを
ルーバーブと同じくらいのトロミに
ホイップさせておく。

甘党の方は
ここにカップ半分ほどの
砂糖を入れても良い。

それは好き好きである。

次に、生クリームを
ルーバーブの鍋に入れて
お互いが良く馴染むようする。
c0135543_187253.jpg

それを、コーンフレークスを敷いたパイ皿に
流し込んだら、すべては完了。
c0135543_188196.jpg

ここまでの所要時間は
約1時間という所だろうか。

ここで、食べたい所だが
今日はそんなわけにはいかない。

冷蔵庫に入れて
明日の出発まで
パイは休養させておく。

そして、私も休養する。

オランダの味が懐かしい方、
今すぐ渋谷のフードショーに行かれたし!
[PR]
by shige_keura | 2008-05-31 18:10 | | Comments(0)
<< 勝負は下駄をはくまで分らない 浮き立つ宵宮 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.