Top
何れ菖蒲か杜若
標題の言葉読めますよね???

「いずれアヤメか、カキツバタ」が正解!!!

チョと待て、菖蒲は”ショウブ”だろ?”アヤメ”じゃないだろう?

その通り、”アヤメ”は”アヤメ”であり
“ショウブ”とは違う。

しかしながら、問題は”アヤメ”も”ショウブ”も
漢字では菖蒲と書く。

従って、漢字で菖蒲と書いてある場合は
文脈でアヤメかショウブかを判断しなければならない。

更に混乱に輪をかけるのが
菖蒲(ショウブ)と花菖蒲(ハナショウブ)は違うのだ。

そして、標題の言葉は
「どちらの花も同じ科の美しい花で区別し難い所から
 どちらも優れていて選択に迷うこと」を意味している。

すなわち、アヤメとカキツバタは非常に似ているので
見分けすることが難しいと言うことだ。

と言うことは、何となく名前は知っていても
”カキツバタ”、”アヤメ”、”ショウブ”
そして”花ショウブ”をキチンと認識している方は
余りおられないのではないだろうか??

まさに百花繚乱、
分っているようでまるで分かっていなのが
花の名前と種類の見分け方だ。



c0135543_2035969.jpg

6月7日、金沢の兼六園にて
水辺に花開く”カキツバタ”の美しさに見とれた。
c0135543_204292.jpg

それから、約1週間後のこと、
今度は自生する”アヤメ”の花々に
目を奪われた。
c0135543_205642.jpg

場所は山梨県の富士吉田市にある
新倉浅間神社から奥に入ったところである。

たまたま、前日のテレビにて
今が満開との話を聞き訪れたのである。
c0135543_2064648.jpg

ところが商売っ気が無いのか
何の案内も無い。

観光客の姿は皆無!

地元の人の反応も頼りない。
「アヤメですかー????
 何か上の方に咲いているような・・・・・
 ともかく景色は良いですから
 散歩するつもりで歩いてみたらどうですか?」
c0135543_20721100.jpg

だから、急坂を登っているときも
本当にアヤメの姿が拝めるかどうか?
不安でならなかった。

神社の長く急な階段がおわると
直線的な山の登りが待ち受ける。
c0135543_2094616.jpg

都合、歩くこと15分ほど
森が切れた山の斜面の開けた土地に
今を盛りと”アヤメ”が咲き誇っていた。
c0135543_205559.jpg

たまたま、曇りでその姿は拝めなかったが
富士の霊峰が真正面、
素晴らしい地の利である。

さて、最後にそれぞれの違いを
簡単に紹介しておこう。

菖蒲(ショウブ)は
我々が想像するような
美しい花は咲かせない。
             (ショウブの葉と花)
c0135543_18541199.jpg

菖蒲(ショウブ)は端午の節句に
葉を束ねて”菖蒲湯”に用いることで
我々に親しみ深い植物である。

次に、三つの花の見分け方(花と葉)を記そう。

                アヤメ        カキツバタ        花ショウブ

花弁の色と模様    弁元に網目模様   弁元に白い模様    弁元に黄色い模様

葉             剣のように細い    長く幅が広い      細い葉の表面に
                                          隆起した中脈を持つ


と、書いた所で、すぐに忘れてしまうし
何がどの花なのか良く分らない。
               (アヤメ)
c0135543_185573.jpg

「いいじゃないのさ、美しければ」
               (カキツバタ)
c0135543_1856578.jpg

               (花ショウブ)
c0135543_18565969.jpg

[PR]
by shige_keura | 2008-06-20 09:16 | | Comments(0)
<< 点火、着火、あとは飲み食い飲み食い 棺おけリスト >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.