Top
騙しのテクニック
これは昨今話題の
飛騨牛、鰻偽装の如き
腹立たしい話ではない。

面白くて、そして”あれッ!”と驚く
映画のお話だ。

機知と機転で悪を騙す(滅ぼす)、
間違っても暴力は振るわない。

このような筋立ての映画は
騙される相手が悪であれば悪であるほど
そして、時には狡猾で居丈高な警察、官憲であるほど
胸がスカッとするものだ。

ハリウッドの長い歴史の中、
騙しのテクニックを描いた快作は多い。
c0135543_13275676.jpg

名優、ケビン・スペーシー、
面目躍如の「ユージュアル・サスペクツ」。
c0135543_13282710.jpg

1回見ただけで巧妙に組み立てられたトリックを
解きほぐすことは至難の技である。

この作品の上をいくのが「スティング」だ!!
c0135543_13325652.jpg

ポール・ニューマンとロバート・レッドフォードのいかさまコンビが
シカゴの大親分(演ずるはロバート・ショー)を
ジワリジワリと罠に陥れ、
最後は止めの一刺し、”スティング”!!!
c0135543_13313374.jpg

この両作品が面白いのは
映画の中の敵役だけでなく
観客までもが騙される所にある。
c0135543_13315746.jpg

映画の中の敵役は
一巻の終わりとなるのだが
一方、見ている方は
ものの見事に騙された快感を味わうこととなる。

「やってくれるじゃねーか!!」



現在、密かに話題を呼んでいる
騙しの邦画、「アフタースクール」を見た。

世評にも後押しされたのだが
もうひとつの理由は
堺雅人が出演しているからだ。

この俳優は、現在放映中の
大河ドラマ、「篤姫」で
一見虚け、実は聡明な
将軍、家定を非常に上手く演じている。

最近の評価によると
「篤姫」の好視聴率は
堺雅人の家定にあるとのことだ。

私は彼に親近感を抱いている。

何故ならば、たまたま彼は
同じマンションに住んでおり(最近会わないが)
ある時、親しく話す機会を得たことがあった。

彼と知らなければ
物静かで控えめなビジネスマン風情、
話す言葉も綺麗で感心したものだった。

「アフタースクール」に戻ろう。

一言で言って、凄く良く出来た娯楽作品!!
日本映画の”騙しの映画”も
ここまできたか!の感があった。

筋を言うことは野暮天そのもの。

但し、ひとつお勧めしたいのは
一人ではなく複数で見たほうが良い。

そして、終わった後に
お互いの疑問点を話し合ったら
もっと面白くなると思う。

残念ながら、私は一人で見たので
若干スッキリしないところが残っている。

さー、もう一度見るかどうするか???
[PR]
by shige_keura | 2008-07-06 13:35 | | Comments(0)
<< 最高の食事、夢の酒 ハヤシもあるでょー >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.