Top
再生なるか???
北京五輪野球、
日本の最終メンバーが発表された。

その中で話題となったのが
上原投手の選出である。

今季の成績は
とても選ばれるに価せぬものなのだが。

特に、1昨日の中日戦では
ここぞの場面で1死も取れず
ノックアウトの憂き目に合ったばかりだ。

それにもかかわらず
星野さんは
上原の経験と度胸に加え
卓越した投球術を買ってメンバーに加えた。

星野さんの言によれば
大会前の1週間の合宿で
再生させると胸を張っている。



流石は星野流
PRの上手さである。

1昨日の惨状は見ていないが
私は彼のことを
余り悲観してはいない。

五輪でも起用されれば
それなりの活躍はすると見ている。

但し、条件が有る。

それは、上原の押さえ起用は
出来れば回の切れ目が望ましい。

即ち、前々回の甲子園
8回から登板した上原は
ピシャリと3人で切って取った。

上原の投球を支えているもの、
それは球の切れに加えて
打者を見下ろして投げる投球術だ。

だから、ランナーを背負って登板の場合は
日頃の打者を見下ろす余裕が生まれてこない。

従って、投球の幅が狭くなる。

おまけに、絶対的に球威が有るわけではないので
打者の立場が強くなってしまう。

今の、上原の不調は
言ってみれば、原監督の起用法の拙さにある。

ここで、五輪を迎え、
もしも上原が活躍したとすれば、
星野監督は”どんなもんだ!”と胸を張る。

そのとき、原監督はどう言うか??

恐らく、何も言わないだろう。
そして、何となく自軍の
投手コーチの責任へと転嫁するだろう。

尾花さんも大変だ、
まごまごすると来年は無くなるかも??

五輪野球のメンバーに戻る。

私は投手については
全く心配していない。

問題は打撃陣である。

特に、中軸を任されるであろう
村田、新井の精神面が心配だ。

こうして見ると、
イチロー、松井、城島、福留の穴は途方も無く大きい。
[PR]
by shige_keura | 2008-07-18 10:26 | スポーツ | Comments(2)
Commented by enzou at 2008-07-21 23:41 x
上原は活躍すること同感
新井の腰はかなり重症、交替するかも。
Commented by shige_keura at 2008-07-23 22:39
enzouさん、ご意見有難うございました。

しかし、今年の阪神は強いなー!!!
誰かも書いていましたが、阪神の強さの根源は
”球際の強さ”にあるのでしょう。

昔の巨人、2,3年前の中日にあった
”球際の強さ”がどうして阪神に移ったのか??

その一番の要因が分らない???

”分らない”と言うことは
本当に根の生えた強さなのかどうか??

暫くは拝見させていただきましょー。
<< テレビが面白かった頃 (このテ... ”朝顔”と”つるべ”の謎 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.