Top
夏は祭りだ!! -ラッセーラ、ラッセーラ!!!ー
小雨をついて
巨大な”ねぶた”が練り歩く。
c0135543_109016.jpg

雨をよけるべく
”ねぶた”の周りはスッポリと
透明のビニールシートで覆われている。
c0135543_10101248.jpg

よくも、短時間の内に
覆ったものだ。

”ねぶた”の周りでは
色鮮やかな衣装を着た人達
老いも若きも
男も女も飛び跳ねる。
c0135543_10112174.jpg

その名の通り
”跳人”(はねと)
つまり、跳ね回る人々の集団だ。
c0135543_10122164.jpg

長い冬、厳しき環境
北国の抑圧されたエネルギーが
一挙に弾け飛ぶ!!!
c0135543_10125877.jpg

”ラッセーラ! ラッセーラ!!!”

腹に響く太鼓の音、
”ねぶた”がぐるりと回る、
表の武者絵とは全く違った絵柄が登場する。
c0135543_10134594.jpg

ど迫力!!凄い!凄い!!



c0135543_13231373.jpg

東北は集中豪雨の危険あり!
降水確率70-90パーセント!!
c0135543_1324515.jpg

悲観この上も無い
天気予報の中、
ままよ、と出かけた
2泊3日の祭りの旅。
c0135543_13244037.jpg

その目玉は
青森の”ねぶた”であり
秋田の”竿燈”だった。

結果的に”ねぶた”は小雨に遭遇しものの
”竿燈”は直前の雨も上がり
奇跡的に涼しい環境の中
東北の祭りのエネルギーを
たっぷりと味わうことが出来た。

更に、2日の”ねぶた”
3日の”竿燈”共に祭りの初日、
c0135543_13252027.jpg

町全体が浮き立つような
”宵宮”の雰囲気も
じっくりと味わうことができた。
c0135543_1326031.jpg

巨大な”ねぶた”が22基
一挙に出を待っている会場は
勇ましい武者絵一色
壮観極まりない光景だった。
c0135543_13264118.jpg

今や、この巨大”ねぶた”
1基作る為に要する総経費、2千万円!
c0135543_13271628.jpg

光と音の洪水の中で繰り広げられる
武者絵のオンパレード、
その起源は定かではない。

奈良時代に中国から入った”七夕祭り”と
昔から北国の青森にある習俗や精霊送りが一体化した。

その後、紙と竹、ローソクの普及で灯篭になり
やがては人形ねぶたになったものと言われている。

又、”ねぶた”(ねぷた)の起源も諸説ある。

夏の暑さからの疲労を吹き飛ばせ!!
津軽の言葉で「ねぷけを流す」と言う事から
「ねぷた」と言う説。

或いは、アイヌ語の奇怪、不思議を表す言葉、
”ネプターン”が由来とも言われている。

時代と共に巨大化してきた”ねぶた”。
c0135543_13282123.jpg

私が感じたのは
今まで東北に抱いていたイメージ
”暗さ”、”寂しさ”とは裏腹の
”弾ける歓喜”だった。

”ラッセーラ! ラッセーラ!!”
[PR]
by shige_keura | 2008-08-06 14:19 | | Comments(0)
<< 夏は祭りだ!! -”どっこいし... エールの意味するもの??? >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.