Top
オリンピック雑感 (蹴らなきゃ入らない)
北京五輪、
時として凄いスモッグを思わせる煙った景色の中
連日熱戦が繰り広げられている。

今までのところ、
日本人の活躍はどうだろうか?

水泳の北島選手の堂々たる2冠、
体躁、フェンシングで
日本若手男子の台頭等有るが
総じて女性の活躍が目ざましい。

その象徴にあるのがサッカーだ。

今回の両チームほど
対極的色合いを見せたものはない。

c0135543_920541.jpg




女子チームからは
”積極”、”執念”、”団結”の文字が感じられる。

その一方、男子から感ずるのは
”消極”、”責任転嫁”、”不協和”等々だ。

これでは、両チームの成績に
彼我の差が出るのも当然だろう。

サッカーの1点
それは、他のスポーツよりも遥かに重たい意味を持つ。

そして、1点を取らなければ
勝つことが出来ぬことも明白だ。

だから、しゃにむにゴールを目指さねばならぬ。

解説者が良く言う言葉が
「入っても入らなくてもシュートで終わらせたい」

この単純な論理は
男子チームも分っているはずであるのに
何故にシュートをためらってしまうのだろうか?

ノルウェー戦での
”なでしこジャパン”の快勝!

得点5点の内
勝ち越し点がオウンゴール
3点目もシュートが相手チームに当たり
角度が変わって入った得点だ。

一見、ラッキーと思われる得点も
すべてゴールに対する執念から生れた賜である。

ともかく、サッカーは
蹴らなきゃ得点にならないし
蹴らない癖がついてしまうと
絶好球までゴールを外すことになる。

本日”なでしこジャパン”は
中国との大一番を迎える。

アウエーで強敵、
しかし、今の”なでしこ”ならばとの期待を抱かせる。

今の男子には
期待のかけらもかけられない。
[PR]
by shige_keura | 2008-08-15 09:21 | スポーツ | Comments(2)
Commented by メッジーナ at 2008-08-23 18:55 x
全く、星野ジャパンはどうなっているの。  そもそも、選手選托もおかしいしから得点は上がらない。 投手はそこそこでも起用がおかしいし、 変え時も後手後手にまわっているので、余計な点を取られる。 挙句の果てはエラーじゃ、つなぐ野球どころかぼろぼろの穴だらけ野球。 高校野球以下だね。 これじゃ巨人の原采配以下じゃ。
Commented by shige_keura at 2008-08-23 20:21
メッジーナさん、コメント有難うございました。

結果は金はおろかメダルなし!

”無残やな、ほしのジャパンの負の連鎖”でした。

監督は「申し訳ないの一言」といいながら、
「ストライクゾーンの違いで選手が戦々恐々となった。
 選手が可哀相、野球が不思議でしょうがない」と
敗因分析を述べています。

しかし、「これを言っちゃあ、おしまいよ」、
これじゃ、男子サッカーの言い訳と何ら変わらない。

ここは、ぐっと言葉を呑み込んでもらいたかった。

<< オリンピック雑感 (野球が不思... 800年の眠りから覚めたハス ... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.