Top
オリンピック雑感 (野球が不思議でならない)
日本の野球ファンにとっては
なんと苛立たしい日々の連続であったことか!

まさに、”切歯扼腕”、
”煮え湯を飲まされる”とはこのことだ。

言わずと知れた
星野ジャパンの北京五輪である。
c0135543_20555855.jpg

標題の言葉は
3位決定戦敗戦直後
星野監督が漏らしたものである。

詳しく書くとこうなる。

「申し訳ないの一言。
 選手が可哀相、野球そのものが不思議でならない。
 ストライクゾーンが全く別世界、
 それでおかしくなってしまった」

ここで、星野監督には
ストライクゾーン云々の言い訳はして欲しくなかった。

ただ、私が取り上げたいのは
彼が、「野球が不思議でならない」と言った
一言である。



星野さんは、
「ストライクゾーンが余りにも違う。
 これが同じ野球かと不思議でならない」と
言わんとしたのであろうか????

そうでは無いと思う。

彼は今回の日本チームの惨めな成績、
予選、決勝通じて4勝5敗そのものが
受け容れ難かったのだろう。

ましてや、韓国、アメリカには
屈辱的な連敗である。

例え、怪我人を抱えている日本であっても
ここまで打ちのめされるとは夢にも思っていなかったろう。

これほどまでに実力には開きが無い筈だ!

それなのに、何故?????
野球は不思議極まりない・・・

これが星野さんの本心ではないだろうか?

実は、私もそう思っている。

キューバは良く分らないにしても
アメリカ、韓国との実力差は紙一重、
どちらが勝っても不思議ではない。

しかし、短期決戦の時は
得てして”負の連鎖”により
実力以上の開きが出でしまうものである。

そして、星野さん本人
その”負の連鎖”の出発点を知っているはずだ。

それは、予選の韓国戦
2点を先制した直後
6回裏の和田の続投にある。

この試合、序盤は韓国が押していた。

それが、4番新井、待望の一発で
日本に2点が入る。

日本にとっては”ラッキーパンチ!だ!

しかし、この虎の子2点を和田に託すのは
その日の調子から判断して酷だった。

役者に不足しているのならばいざ知らず、
ここは川上、岩瀬、藤川、上原で
虎の子を守るのがセオリーだったはずだ。

これは試合後、監督本人も認めている
大チョンボであった。

ところが、短期決戦では
不思議なことに
ひとつのミスが命取りとなって
負の連鎖が雪崩を打つ。

かつては、中日、阪神を率い
リーグ優勝を勝ち取った
名将、星野にして
自ら撒いた”負の連鎖”は止められなかった。

彼自身、そのことが良く分っている。

だからこそ、悔やんでも悔やみきれない一方で
野球の恐ろしさ、不可思議さを
噛み締めての言葉だったのではないだろうか。
[PR]
by shige_keura | 2008-08-23 21:05 | スポーツ | Comments(0)
<< オリンピック雑感 (練習は時と... オリンピック雑感 (蹴らなきゃ... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.