Top
“鍛冶屋殺し”のオーブン焼
”鍛冶屋殺し”のオーブン焼!
物騒極まりない料理を思い浮かべるだろう。

しかし、何と言うことはない、
”イサキ”のオーブン焼きだ。

”鍛冶屋殺し”とは”イサキ”の別名。

その昔、和歌山で、
とある鍛冶屋がイサキの骨を
ノドに詰まらせて死んだのが
その名の由来である。

それほどにイサキの骨が
硬いのかどうかはいざ知らず、
ハッキリしているのは
大変美味しい魚であることだ。

さて、目の前には新鮮極まりない
沢山の”イサキ”が
キラキラと光り輝いている。

               (腹を処理したイサキ、
                何とかイエローカードを貰わずに完了!)
c0135543_2048324.jpg

先輩が昨日(9月4日)、
伊豆沖で釣り上げたものである。

我が孫に食べさせたいとの思いでの
お裾分けである。

しかしながら、流通経路には
中間業者が介在するのは
世の常である。

「うまくいったぜ!」

先輩、ご馳走様!!

さて、今日はどうやって料理してくれよう??



”そうだ!!!”、
今日は南イタリアの漁師町をイメージした
”イサキ”のオーブン焼きに挑戦だ!
c0135543_20493912.jpg

今日は残暑も厳しい。

冷えた白ワインと合わせれば
言うことはない。

これに冷蔵庫で出を待っている
”ラタトゥイユ”をバゲットに載せ
パルメジャーノチーズをたっぷりと!!!
c0135543_20504987.jpg

”こりゃ又、結構!
 結構毛だらけ・・・・・・”である。

本日のテーマは
健康的な地中海料理だ。

ならば色とりどりの
野菜をふんだんに使おう。

ズッキーニ、パプリカ、シャンピニオン、
タマネギ、トマト、ニンニク。
c0135543_20512058.jpg

そして、香草として
ローズマリーとローリエ。

イサキの腹に香草を仕込み
周りにバラバラと野菜をちりばめる。
c0135543_20514929.jpg

後はオーブンで焼きあがるのを待つだけ。
c0135543_2052434.jpg

イサキの身は新鮮そのもの、
野菜の旨みは凝縮されている。
c0135543_20531124.jpg

辛口の白ワインと共に
南イタリアに誘ってくれる。
c0135543_20533962.jpg

ナポリからポジターノ
そして紺碧のアマルフィーの海!!!
c0135543_2054690.jpg

夏の終わりに相応しい食事だった。
[PR]
by shige_keura | 2008-09-06 09:04 | | Comments(0)
<< ”私はやりたくない” ーパート1- 葡萄の季節   (半世紀ぶりの勝沼) >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.