Top
思い出のプロ野球選手 -17-
プロ野球の歴史を彩ってきた
数々の名場面に話が及ぶと
必ずや俎上に上る”あの時”だ。

あの時、彼の投げたボールが
あと数ミリ内角に食い込んでいたら、
歴史的な一打は生まれなかったに違いない。

打球がポールを巻き
審判の手がグルグルと回って以来
彼は死のときまで
「あれはファールだ」と言い続けてきた。

その位、彼にとっては
痛恨の一球だったのだろう。

プロ野球ファンならば
誰でもが覚えている
初の天覧試合。

試合を決したボールを投じたのが
当時の新人、村山実さんである。

熱烈な阪神ファンである
山藤章二さんは、こう言う。

「そのとき以来、
 打った長島さんは太陽
 打たれた村山さんは月となった」

しかし、私はそうは思わない。

村山さんは長島さんに
負けず劣らず
燦燦と煌く太陽だった。

二人の対決は熱く、火花を散らし
持てる力をすべて出し尽くしていた。
c0135543_16583321.jpg

たまたま結果がどちらかに傾こうとも
両者共に深い充実感を味わった事だろう。

二人はユニフォームを脱げば
気心を通じた仲良しだった。

又、世が世なれば
同じチームのユニフォームを着て
投打の中心選手になるところだった。



同じチームでプレーする可能性、
それは一度だけではなかった。

長嶋選手、立教1年生の時
1年後輩の村山さんは
立教のセレクションを受けたのである。

その時、立教は体格が恵まれていないとの理由で
村山さんをテストから落としてしまった。

失意の村山さんは関大に入学、
後に阪急の監督となる上田さんとバッテリーを組み
4年生の時東京六大学を倒し
日本一に輝くのである。

そのときの事は、
今でもよく覚えている。

常勝の東京六大学が
当時マイナーの関西六大学に負ける事は
信じられなかったからである。

又、村山さんの投球フォーム、
後の”ザトペッグ投法”の片鱗が
既に十二分に表れていた。

             (関大時の村山さん、ダイナミックなフォームは当時から)
c0135543_16593467.jpg

2度目のチャンスはプロ入りの時、
いつものように巨人は破格の契約金を提示した。

しかしながら、村山さんは
プロでやれるかどうか
一抹の不安を持っていた。

そこに目を付けたのが阪神タイガース。

うまい手を考えついた。

即ち、村山さんを
阪神電鉄に入社させ
阪神タイガースに出向させる考えだ。

これなら、万一、プロで失敗しても
阪神電鉄に戻り
喰うには困らない。

でも、私はこれで良かったと思う。

どう想像力を働かせても
村山さんには縦じまがピッタリだ。

そして、村山・長嶋の対決があればこそ
阪神・巨人戦が
そしてプロ野球全体が盛り上がったのだ。
c0135543_1711254.jpg

最後に、村山さんが
天覧サヨナラホームランを打たれた後
何をしたかを紹介しよう。

村山さんは大阪に帰るや
自宅の電話番号を変えたのである。

電話番号の末尾4ケタは3279、
彼には”3に泣く”と読めたのだ。

3は勿論、長嶋選手の背番号だ。

この話が本当かどうかは分らない。

しかし、ゲンを担ぐスポーツマンの世界には
ありがちな事である。

しかし、あの時、カウントは2-2
何故、村山さんは
フォークボールを投げなかったのだろうか?
c0135543_1715560.jpg

変化球で討ち取る事を
潔しとしなかったのだろうか?

好漢、村山実、
”太陽がいっぱい”だ。

しかし、その燃え尽きるのも
残念なるかな早かった。
[PR]
by shige_keura | 2008-09-18 09:03 | スポーツ | Comments(2)
Commented by enzou at 2008-09-21 22:35 x
何故私は阪神ファンになったのか?藤村冨美男と村山実が今でも好きだ。
負けっぷりのいい?二人。 どうも判官びいきらしい。常勝巨人は嫌いだ
今年は妙に強すぎた。やっといい塩梅になってきたようだ。
Commented by shige_keura at 2008-09-22 09:56
enzouさんお疲れの所コメント有難うございました。

昨日の金本対上原。2打席目は又打たれると思ったら案の定。
上原の性格として同じボールで勝負するよね。2死無走者だから
無理して勝負しなくても・・・、でも上原のプライドが逃げるのを
許さなかったのだろうね。だから、打たれても納得の表情だった。

しかし、今岡はどうしちゃったのかね?あれだけ打つ前から
力んでいたらバットの出は遅くなるよね。確かにあれも
イップス病の一種だね。

今回は巨人の良いところばかり出て、原采配のおかしなところも
すべて選手がカバーした。何しろ接戦じゃないんだから。

しかし、勝負はちょっとした所でガラリと変わる。甲子園では
どうなりますかね???

<< ヒーローが与えてくれる夢 冷酒の始末に蓮根餅 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.