Top
朝採れキノコのピッツァ
思いがけぬ所で思いがけぬ物に
出くわすものである。
c0135543_22192588.jpg

富士山5合目、須走り登山口には
登山者の為に
幾つかの茶店がある。

その一軒で
「キノコ茶」をどうぞと
勧められた。

見ればお茶というか
透明のお湯である。

「何だ、こんなもの」

ところが、口に含んで驚いた。

実に濃厚なキノコの香り
旨い、旨い!!

ふと脇を見ると
色とりどりのキノコが
お皿一杯に盛られている。
c0135543_2220924.jpg

朝採れた
地のキノコである。

           (皿のキノコの種類、アンズ茸、花弁茸、キヌメリ、足長茸
            松茸もどき、ハナイグチ、キツネ茸、オオキノボリ等)
c0135543_22203226.jpg

富士山麓には
200種以上のキノコが存在して
そのうち、150種類以上が
食用出来るとの事だ。



道理で篭を小脇に抱えた
多くの人が次々と
森の中に消えて行く。

私はキノコは好きだが
自分で採るほどのものではない。

だって、変なキノコを食べて
笑いが止まらなくなったら
苦しくてどうしようもないだろう。

皿のキノコに見入っていたら
後ろを通り過ぎる人の声が耳に入った。

「ここの店の”キノコ”のピッツァは旨いんだ、
 予約しないと売り切れちゃうぜ」

この言葉を聞いてから
ピッツァを予約するまでには
1分とかからなかったろう。

このピッツァが
夜の食卓を賑わせた事は言うまでもない。
c0135543_22221290.jpg

肝心のお味なのだが
これが予想以上に
”グーーーーー!!!”だった。
c0135543_22225241.jpg

翌日の散歩の折
地面を良く見ると
こんなに沢山と驚くほどの
キノコが地面から顔を覗かせていた。
c0135543_2223257.jpg

勿論、見るだけで
食べなかった。
c0135543_22234898.jpg

だから、こうやって
ブログも続けていられる。
c0135543_22243985.jpg

[PR]
by shige_keura | 2008-10-08 08:59 | | Comments(2)
Commented by こんにちは!ハングルース at 2008-10-08 23:08 x
きのこの季節到来ですぅね!150種以上も食べられるんですか?
アラビアの沙漠には秋ではなく春になると、ファガというきのこが出てきます。
形はまるでジャガイモ、味も香りもあまりありません。
スーパーマーケットでは高値で売られています。それはそうと、松茸を食べたくなりました。
昔はやった紅茶きのこはもうコリゴリです!
Commented by shige_keura at 2008-10-09 08:56
ハングルースさん、コメント有難うございました。

富士山麓はキノコの種類も豊富なようで、キノコ狩りを
楽しむ多くの人を見かけました。

そして確かに、多くのキノコが取れていました。ただ、素人には
食べられるものかどうかの見極めが難しいですね。

いかにも”毒キノコ”のような派手派手しい色のものが食べられたり
その逆であったり、外見だけでは見分けがつかないのは
人間も同じでしょうか?

つい先日、悪友連と三ノ輪に”桜鍋”をやりにいきました。
季節柄、野菜の皿に向こうが透けて見えるような”松茸”が
添えてありました。

それでも、久しぶりの、あの食感に秋を感じました。
<< 落ち着かない気分 朝の富士、昼の富士、夕の富士 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.