Top
散策すれば腹がへる
三渓園の美しき景観で心が満たされる、
しかし、その反比例で腹は減る。

横浜といえば中華街だ。
c0135543_1425111.jpg

しかしながら、これが難物で
中華街なら何処でも旨いかと言うと
大きな間違い。

以前、フラッと飛び込みで入って
失望の極みを味わった。

大通りにある店が旨いか?
そうとは限らない。
c0135543_14253648.jpg

見かけが煌びやかで豪華な店が旨いか?
そうとは限らない。

あれやこれやと迷う所だが、
今日はそんな心配は全くない。

娘の一押しの店と決めているからだ。

”早い””安い””旨い”
三拍子揃ったお店
それが”山東”(さんとん)である。



中華街に何軒の店があるか??
そんな事は知らない。

しかし、広東料理だけでも70店、
そのほか、北京、四川、上海、湖南等が
それぞれ2桁以上の店を構えている。

しかしながら、”山東料理”となると
たった一軒の店が”山東”だ。

”山東料理”とは元をただせば
北京料理の原型で
中国八大料理のひとつ。

つまり、由緒正しき料理なのだが
この店は看板に
”家庭料理”の但し書きがある。

だからこそ、
この店の”三拍子”が成り立つわけだ。
c0135543_1426278.jpg

その店がある通りはあくまでひっそりと
そして、その看板は実に侘しい。
c0135543_14265540.jpg

”こういう店が良いんだよ”

実にその通りで
店の看板料理の水餃子
皮はモチモチとふっくら
具もたっぷりと食べ応え十分。
c0135543_14273758.jpg

ピータン1人前が700円ほどか?

皿に一杯のピータンが
たっぷりとした葱に覆われている。

          (水餃子のタレの瓶、茶碗、皿の模様、
           これ以上、家庭料理的なものはない)
c0135543_14281692.jpg

空心采の炒め物も
シャキシャキと歯ごたえ良い。

渡り蟹の黒豆炒めの味は濃い目、
しっかりと味付けされている。
c0135543_14295157.jpg

こりゃ、ちょいと頼みすぎたか?
一皿のヴォリュームが嬉しい誤算だ。

散策の後は中華で満腹!

となれば、再度の散策で
夜に備えねばならぬ。
c0135543_14313557.jpg

久しぶりの山下公園、
健在なのは氷川丸だけ、
その他の景色はすっかりと変わってしまった。
c0135543_1432681.jpg

振り返ると
あのニューグランドが
味気ない高層ビルになっていた。
c0135543_1434596.jpg

なんだか面白くない。
面白くないぞ!!

          (僅かに残る昔の面影、しかし、”バランス”を全く考えていない)
c0135543_14343638.jpg

ホテルで一杯と思っていたのだが戦意喪失、
トイレだけ借りて出てきてしまった。

ふと目に留まったのが
海に向って一生懸命絵筆を動かすご老人。
c0135543_14362614.jpg

背広の上下をキッチリと着こなし
人品の優雅さが溢れ出ている。
c0135543_14365833.jpg

”海を見る人描く人
 その又姿を写す人”

人それぞれが自分の興味を満たすべく
楽しい毎日が送れれば良いと思う。
[PR]
by shige_keura | 2008-10-15 08:47 | | Comments(0)
<< 接戦の割には・・・ 変わる景色、変わらぬ景色 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.